だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび」 大人が読んだ みんなの声

かこさとし からだの本 (2) たべもののたび 作・絵:かこ さとし
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年10月
ISBN:9784494009220
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,110
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!わかりやすい!

    かこさとしさんの「からだの本」シリーズは幼児でもわかりやすく描かれていてとても読みやすいです。
    昭和感漂うイラストが味わいがあり,また現代の子供には新鮮に映るかも知れませんね。
    生きていく上で毎日必ず取る食事。
    その食事がどうやって私達の体の中を旅していくか,とても面白く興味深い絵本でした!

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • たべものはちからのもと。

    よくかんで食べなさい!と叱る前にこの絵本を思いだしたいです。
    一緒に読んだら楽しく納得して食べてくれそうです。
    たべものを食べたらどういう風になるのかがわかりやすく
    かわいらしく描かれているので、版を重ねているのもわかります。

    いぶくろこうえんの雰囲気が好きです。
    かすかに子どものころ見た記憶があります。
    面白い本は印象に残りますね。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かこさとし からだの本 (2) たべもののたび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット