あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

きたかぜとたいよう」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

きたかぜとたいよう 作:ラ・フォンテーヌ
絵:ブライアン・ワイルドスミス
訳:わたなべ しげお
出版社:らくだ出版
本体価格:\1,360+税
発行日:1977年
ISBN:9784897770031
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 14
「きたかぜとたいよう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な「きたかぜとたいよう」

    有名なイソップ物語の「きたかぜとたいよう」。
    お話は知っていたのですが、絵本で読んだことがなかったので、かりてきました。
    絵が素敵で、みいってしまいます。
    北風と太陽をこんな風に描くんだ、と感心しました。
    子どももじっくり読んで楽しんでいました。

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが知っているイソップ物語ですが、ラ・フォンテーヌとワイルドスミスが素晴らしい映像の世界を作っていることに感動しました。
    きたかぜとたいようの勝負のために、人間たちは大災害に巻き込まれました。その描きかたのスケールの大きさで、単なる寓話の域を飛び越えてしまいました。
    きたかぜって悪いヤツですね。
    それに比べて太陽の優しさはとても情熱的です。
    擬人化されたきたかぜとたいようの表情も、存在感がありました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    とても有名な話ですが、「風」を絵にするというのは難しいですよね。作家によってずいぶん雰囲気が違ったものになるのでは?と思って、他の作家さんのものと読み比べてみました。でも、どれもやはり風が人の顔で描かれているのですね。

    息子は、この絵本の方が絵がきれいで気に入ったと言っていました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番のお話を

    ある日、北風と太陽が知恵比べ。どちらが、旅人のコート脱がすことができるでしょうか・・・


    短くてわかりやすい文章だったので、子供が自分で読むこともできました。

    鮮やかな色彩の絵は、すてきでした。

    アレンジなどされていないので、定番のお話を伝えられて良かったです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きたかぜとたいよう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット