あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

きょうというひ」 大人が読んだ みんなの声

きょうというひ 作・絵:荒井 良二
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784776401537
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,372
みんなの声 総数 37
「きょうというひ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • タイトルに惹かれて手にとり、読んでみました。

    冬 クリスマスの頃に読めばもっと 実感がわく絵本だったな〜
    あさひが ゆきを てらして きょうというひの はじまりです
    きらきら まぶしい はじまりです

    この書き出しが きょうというひ  夢が広がります
    今日という日は 今日だけ  そんな だいじな一日
     あたらしい セーターを あみました 日々を大事に過ごしている様子
    そして ロウソクにひがともります 
    クリスマスの夜の雰囲気が 漂います
    ロウソクの家を雪で作る女の子
      たくさんのロウソクがともります
    これは 一人 一人の 願いがこめられたロウソク そんな風に思えました
    震災でたくさんの人が亡くなったとき 明かりがともされるのを思い出しました
    きえないように きえないように・・・・
    そらを みあげて いのります
    じーんと心にしみる 光景です

       命 きょうというひの 大切な命きえないように きえないように  みんなの祈り  人々は 祈りながら毎日生きているのですね。
    忙しくて 祈りを忘れていても きょうというひは ただ きょうだけ
     冬にまた読んでみます!
     
    荒井さんの絵本ですね  こんなに しんみり きょうというひを 書かれたのですね。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大切なこと

    • maru34さん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子8歳、女の子7歳、男の子4歳

    絵本をとても大切に想っている方から
    贈り物でいただきました。
    荒井さんの絵本の中でも、
    とても心に静かに届くような一冊です。
    絵本の大きさもいつもより小さいのですが
    そのサイズもまたあっていると・・・

    読む人によって、受け取り方が違うと思うのですが、
    それが荒井さんの絵本のよさなんだなあと感じます。

    私には、炎が世界中の子どもたちの命のように感じられ
    一生懸命大切に大切に消えないように
    守っていきたいという願いを覚えました。
    些細なことで悩んでいた時に読むと不思議と安らぎを覚えます。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • あたたかな絵本

    ロウソクのシンプルな表紙がとてもおしゃれ。
    荒井さんの絵本はいつも、前向きなメッセージを読む人の心に届けてくれます。

    きょうというひは、日と灯。
    きょうという日を特別に、きょうという灯が消えないように

    きょうというひにおうちをつくろう。
    灯は祈りで、命だから。
    きょうというひに感謝を込めて…

    心がほっとあたたかくなる絵本です。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩のように

    個人的に荒井さんの絵は苦手でしたが、こちらの本は想像以上に素敵でした。言葉が詩のように心に入ってきて、目を閉じていろいろ思いをはせてしまいました。今日という日の素晴らしさ、いまを生きる素晴らしさをかんじました。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のトーンは決して重くはないのだけれど、今日という日に込めた少女の思いの緊迫感になんだか切実で重大な決意を感じます。
    それともこれまでしなければ許されないという、信仰?
    一日の幕開けに少女は、身構えた準備を始めました。
    眩しい雪景色の日差しの中で、少女が行ったのはロウソクに火を灯すこと。
    その火を絶やさずに広げていくために、少女は小さなかまくらを作り続けていきます。
    そのロウソクの灯が、少女の心の中に、生活の中に、人生の中に、拡がっていきます。
    そして少女は、その灯が消えないように祈り続けるのです。
    なんだか、荒井さんの絵本にしては思いテーマ。
    絵が重くないのが荒井さん流でしょうか。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かに読みたい一冊

    女の子は何の為に雪を集め、何のためにろうそくに灯をともすのか。
    震災後に読んだら、泣きそうになりました。
    ただ、他の人のレビューにもあったように大人の為の絵本だな、という感じがしました。
    何か考えたいときにはゆっきりと読んで、この本と静かに過ごすのもいいかもしれませんね。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日を大切に

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    この絵本で初めて荒井良二さんという方を知りました。
    スウェーデンの児童少年文学賞であるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞した作家さんだそうです。

    きょうというひに少女が、雪で小さな家をたくさん作り、その中にロウソクをひとつひとつ灯していきます。
    そして、きえないように…きえないように…と祈ります。

    絵本というよりも詩集のようで、シンプルだけど言葉の響きがとても美しい本でした。
    ストーリー性があるわけではないので、それを期待して読んでしまうと物足りなさを感じてしまうと思います。
    『きえないように きえないように』という繰り返しが、頭の中にあるごちゃごちゃしたものたちをすぅっと消してくれるような、不思議な気分になります。
    毎日を大切に生きていきたい…そう思える絵本です。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    孫へクリスマスの絵本を探して居るときに出会った本です。この本は絵本ではありますが、内容はちょっと難しいので大人向けかなーと思いました。文章が詩的で、静けさがあってクリスマスの聖なる夜に読むにぴったりの本です。とても気に入りました。お友達にもお勧めしたいと思います。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒井良二さん

    荒井良二さんの作品だったのでこの絵本を選びました。表紙の蝋燭の炎の描き方がグラデーションになっていて素敵だなと思いました。蝋燭の明かりの芯になっている部分の色も本物の様で魅せられました。蝋燭の為に主人公が心を込めて家を造る場面がとても丁寧に描かれていて素敵でした。女の子の敬虔な気持ちが伝わってくる描き方はさすがだなと思いました。わたしも気持ちが凛としました。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返し読みたい一冊

    とにかく1日1日を大切に生きよう!と思わされる作品でした。
    淡々と詩のような文章が続き、独特な絵で語りかけてくる絵本です。
    人によって、その時の状況によって感じるところが大きく変わってきそうな魅力ある絵本です。
    子どもにはピンとこないかもしれないなぁ…と思いますが、優しい日本語が心地良く感じられるかもしれません。
    繰り返し読みたくなる1冊です。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きょうというひ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット