しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぼくはかさ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくはかさ 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784591089422
評価スコア 4.21
評価ランキング 16,370
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛し抜かれて

    かさをとりあげた絵本はいくつかありますが、かさ目線の絵本はめずらしいなと思って図書館で借りてきました。

    かさはたろうちゃんと仲良しなのですが、最近のたろうちゃんはおばけに夢中で全然遊んでくれません。
    「そんなにおばけがいいんなら、おばけになっちゃえばいいのに。」
    じゃなくて、
    「そんなにおばけがいいんなら、ぼくもおばけになっちゃいたい。」
    というところにかさの愛を感じました。

    子供はこうやって、愛して、愛して、愛し抜かれて、ようやく一人前の大人になることができるのだな、と思いました。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけになれるかな

    たろうちゃんの大事なかさ。いつも一緒。でもたろうちゃん最近はおばけばかり。かさは、おばけになるためにからかさおばけ達のところへ行きます。おばけ達はかさを大変身させみんなで楽しく過ごしました。そのままたろうちゃんの元へ戻ります。かさはまたまたたろうちゃんのの大事なかさになりました。良かったですね。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かさ(お)ばけ、大好き!

    保育園で「せなけいこ」さんの絵本をたくさん読んでもらっているようで、
    図書館から借りて帰った本を読むときも、
    タイトルを読むと「せなけいこ!」と言います(笑)

    この本は、おばけに興味を持ち出した頃に出会った本で、
    かさばけ(家では「かさおばけ」と言ってます)が、たくさんのおばけと出会うページがとても好きで、全部のオバケの名前を「なあに?」と聞かれます。
    この絵本と出合って何ヶ月か経った頃には、
    「このおばけはねぇ、お目めがひっとつだよ」
    「お目め、みっつだよ。大入道」と、教えてくれるようになりました。
    お話自体もわかりやすいようで、雨の日が大好きな子ども、傘や長靴が大好きな子どもにピッタリだと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくはかさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / どうぞのいす / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・


『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット