おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

だいふくもち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

だいふくもち 作・絵:田島 征三
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年
ISBN:9784834005240
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,434
みんなの声 総数 47
「だいふくもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供と大人で感想が全く違う

    私は、後味悪いというか、不気味な印象がとても残ったのですが、息子は楽しかったそうです。あと、不思議だとも言ってました。なんで、最後はあんな風になるのかなー?と。

    注目する点は同じなのに、純粋に不思議と感じる子供と、色々考えて怖くなってしまう大人。
    全く感想が異なることが面白いです。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構激しい。

    ただのおいしそうなだいふくもちのお話かなと思ったら。

    しょっぱなちょっと不気味。
    で、正体が分かったらしゃべる大福餅。
    しかもちょっとわがまま、夜なのに小豆くれってうるさい。
    でもただしゃべるだけでなく、とんだ富をもたらしてくれる餅だった。
    気づいたら大金持ちに。
    このあたりまではとても軽快でおもしろいです。

    さいごはあっ!というかんじにスルーっと結末まで進む感じです。

    世の中うまい話なんてないんだなというありきたりなオチですが、結構この軽快なだいふくもちとのやりとりが気持ちよくって好きです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力のある絵本です

     泥臭いような暗いタッチで,絵の具を力強く,塗り重ねたような絵です。
     この絵本には,編集長から,「大人向けの話なので,うちでは出せません」と断られてしまい,社長に直訴して出版が決まったというエピソードがあるそうです。

     確かに,絵やお話の内容は,一般的な子供向けの絵本とは,言えないかもしれません。しかし,昔話(創作だとしても)の持つ,土俗的な力強さで,読む子供をぐいぐい絵本に引き込んでしまう迫力があります。

     息子も,欲張ったごさくが,自分も干からびて,消えてしまう場面は,とても印象に残ったようでした。 

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • たべてみたい・・・

    このだいふくもち、
    どうして、ごさくのところにきたのだろう?

    一番最後のページがすごくこわい〜!!!
    けど、このだいふくもち、ひとつ食べてみたい・・・

    土佐のことば?がしぜんに耳になじんで入ってきます。
    息子は
    「いんげ」ということばがすっごく気に入ったようで、
    この本のブームのころはよく使っていました。

    田島征三さんの創作だそうですが、
    すごい本です。

    掲載日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読ませにくい・・・(苦笑)

    • ひまわりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    我が家の五歳の長男にはあまり食いつきがよくありませんでした。私の読ませ方がいけなかったのかも?もうちょっと練習してから読み聞かせないといけないと反省。絵の雰囲気や内容も小心者の長男には少し怖かったようです。

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいものみたさ?

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    慣れない方言におっちらおっちら読みきかせました。でも、味のあることばで、意味がわからなくてもなんとなく伝わってくるあたたかさに、親子ともどもひたることができました。

    このお話の最後は、え〜!って感じなのです。息子は「ごさくはどうしたと?」って聞く始末。あっけない最後にしんみりきてしまいました。そこが、昔話の醍醐味なのかもしれません。必ずしもハッピーエンドではないお話もあることを、息子も理解できたと思います。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいふくもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / キャベツくん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット