となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

まだかな」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

まだかな 作・絵:まつおか たつひで
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784591086780
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,269
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 水辺の生き物

    この絵本は水辺の生き物がたくさん描かれている
    絵本です。
    カエルが誰かを待っているのですが、だれを待っている
    のか、なかなか明かされません。
    それが子どものわくわく感を増大させてくれるので、
    娘も私も、だれかな?だれかな?と、どきどきしながら
    読みました♪
    水辺の生き物は、見たことがないものが多かったので、
    勉強にもなりました!!

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ってカエル好き!

    • みな☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子2歳

    虫、たとえばトンボとか少し怖がっていた娘ですが、
    カエルは好きなようで、この本を読んでみました。

    虫の絵がけっこうリアルで、嫌がるかなと思いましたが、
    カエル君がおともだちを 「まだかな」と待ってる様子が
    かわいくて気に入ったようでした。

    お友達を待っているカエル君の周りでは
    トンボや魚や鳥が行き交いますが、
    カエル君はずっと待っています。

    最後、お友達がたくさん集まってきたときは
    娘も喜んで笑顔になります。
    お友達っていいなと思わせてくれる作品です。

    掲載日:2009/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの生き物が出てきます

    かえるくんが「まだかな」と誰かをまっている。
    場面はずっと同じなんだけどそこにいろいろな生き物が登場します。
    わたしも詳しく知らない(名前だけ知っている)生き物がでてきて
    「こんな生き物なんだ〜」と勉強になりました。
    水辺の生き物達の生態も細かく書かれているなぁと大人目線でも感心させられました。
    息子は「かわせみどれ?」「みずすましどれ?」と言いながら読んでいます。
    雨がふる前に空が暗くなったり,
    雨上がりに虹がでたり
    そんな自然現象も出てきます。
    息子は虹のページで喜んでいます。

    これから梅雨の季節に読むのにぴったりな本だなぁと思います。

    掲載日:2009/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「まだかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / どうぞのいす / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット