だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かあさん まだかな 」 大人が読んだ みんなの声

かあさん まだかな 作:イ・テジュン
絵:キム・ドンソン
訳:チョン・ミヘ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784577031476
評価スコア 4.16
評価ランキング 17,052
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 韓国のお話ですが、昔懐かしさを感じました。
    路面電車の停留所でひたすらおかあさんの帰りを待つぼうや。
    何台も何台も待ち続けて、雪さえ降ってきました。
    ひたすら待ち続ける姿に胸がしめつけられたのですが、胸がしめつけられたままお話は終わってしまいました。
    このぼうやはどうしたのでしょうか。
    おかあさんは帰ってきたのでしょうか。
    切なさが残るのは、時代背景でしょうか。
    なんだか、まだ高度成長を向かえる前の日本の風景と重なって見えました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼうやのひたむきな気持ちに心打たれます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    イ・テジュンの1938年の作品に、キム・ドンソンが絵を描き2004年に発刊した韓国の絵本。
    主人公のぼうやがてくてくやってきて、路面電車の停車場によじ登ります。
    電車がやってくると、ぼうやは運転士に尋ねます。
    「ぼくの かあさんは?」
    運転士は答えます。
    「知らないな」
    その繰り返しなのですが、いつしか、ぼうやは「まちぼうけぼうや」として知られ、運転士に、じっと待っていなさいと言われるのです。

    その町並みの風景が、古き日本を偲ばせるものです。
    ぼうやの衣装がそれほど違わなければ、日本の古典的作品と言われても、おそらく納得してしまうような気がしました。

    ぼうやは、じっと待ちます。
    雪が降り、辺りが暗くなっても待ちつづけるのです。
    かあさんを待ちわびる純粋な気持ちは、心の琴線に触れるもの。
    その感情を暗示するような絵が、実に素晴らしい。

    そして、何と言ってもラストのページが秀逸です。
    雪が降り積もる町並みのまん中の細い階段を、かあさんと手を繋いだぼうやが、お互いを見つめ合いながら歩いているのです。
    良かったという一言では言い尽くせない、やるせない思いが募ってしまうことでしょう。

    この絵本は、間違いなく大人向きの絵本です。
    子供のことで悩んだ時に、一寸読んでみると、視界が広がるようなそんな作品だと思います。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • フレーベル初

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    フレーベル初の韓流絵本とのことです
    キムさんの絵が情緒的でとてもしっとりしています
    少しずつ坊やの位置が変化していく様子が、気持ちも押されてくるようで、待ち人が来ないときの、大人でも何とも言えない、さびしさや不安な気持ちを映し出すようです
    心配なのはいったいいつまで、待ち続けたのでしょうか・・・・
    見ている子供にとったら、不安なまま終わったような気がします

    え〜ん続きが知りたいよう・・・

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親を求める真っ直ぐで純粋な想い

     おかあさんにお薦めします。
     
     お母さんを待っている男の子。
     寒さで、鼻を赤くして。
     停車場によじ登ると、路面電車のやって来る方をじっと見つめています。
     電車が入って来るたび、運転士さんに「ぼくの かあさんは?」と聞きます。

     お買い物か何かに行ったお母さんを待っているのかと思いましたが、定時にここに来ているのかな?
     と、するとお勤めのお母さんを待っているのかな?

     「きみが まちぼうけぼうやだね」の運転士さんの言葉に、もしかしたら、ずーっと帰ってこないお母さんを待って毎日ここに来ているのかな? 
     とも考えてしまいました。

     停車場での男の子の待つ様子がいじらしい。
     こんな幼い子が、電車を何本も見送るくらいの長い時間、寒い中いるかと思うと、切ないですね〜。

     特に、チンチンという音と共に電車が去り、一人男の子が停車場に残されるアングルは、見ていて辛かった。

     時間の経過をあらわす空模様の変化、この色で描かれた雪空は見たことがありません。
     とても、心を動かされました。

     ラストに親子の姿を見つけて、ほっとしました。

     こどもの“母親を求める真っ直ぐで純粋な想い”が静かに熱く伝わってくるお話しでした。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人によんでほしい

    • ひなたははさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7才、男の子1才

    絵本のぼうやがかわいくてかわいくて、かわいそうでかわいそうで…。
    どんなに寒いだろう、どんなに心細いだろう、と読んでいると、
    横にわが息子が何も気づかずに無邪気に遊んでいる。
    わたしはあと1年少々で職場復帰を控えているのですが、彼もこうやって「かあさんまだかな」って駅で待っているのを思ってしまうと、どうにもこうにも切なくなり、この一瞬一瞬を大事にすごそうと強く思います。
    自分の子供があんまりかわいくないな〜と思ったころ、読んでみるのもおすすめです。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国絵本

    韓国の絵本だったので選びました。韓国の少し昔の風景と共に男の子の感情がとてもよく伝わってくる絵本でした。特にセンスを感じたのは巻末です。原文のハングルがどの様な表記になっているのかまで掲載してあるのがとても嬉しかったです。娘には日本語もハングルも両方読んであげられるのでとても有難いと思いました。特に文字が無いページの絵の表現が素敵でした。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • さみしい

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    絵が素敵で、引き込まれるように読み進めました。
    でもどうしてもラストが納得いかない。
    別に悪い終わり方を決定付けたわけではないけれど、かと言って良い方向へ進む希望もあまり感じられないのですよね・・・
    単純に、子供には見せたくないと思いました。だからこの評価。

    掲載日:2008/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かあさん まだかな 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / いないいないばああそび / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット