しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

トム・ティット・トット」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

トム・ティット・トット 作:岩倉千春
絵:飯野 和好
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1992年
ISBN:9784593593163
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,464
みんなの声 総数 7
「トム・ティット・トット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お話と絵があっている

    こちらのお話は、イギリスの昔話。以前、素話で聞いたことがあります。
    当てられるはずもない名前をひょんなことから知って、見事当てるというお話で、日本の「だいくとおにろく」のお話にも似ています。
    素話も面白かったですが、絵本で読むのもまた楽しかったです。
    不思議でハラハラドキドキのお話と、飯野和好さんの味のある絵がぴったりと合っていました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔、読んだかも!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    何気なく図書館で手に取った一冊ですが、
    怠け者の娘さんがリンゴのパイを食べてしまうところ、
    お母さんが嘘の歌を歌ってしまうところあたりから、
    「あれ・・・この話、昔読んだことあるかも・・・!」
    と思い始めました。

    確か、とっても面白い本だった記憶がよみがえってきて、
    ワクワクしながらページをめくりました。

    6歳の子供は初めて読みますが、
    初盤からかなり絵本に惹き込まれていました。

    子鬼の名前をなかなか当てられないところなんて、
    「うひゃ〜!ヤバイようぅ!」なんて叫んで、
    とってもヒヤヒヤ。

    面白い展開から始まって、途中ヒヤヒヤ、
    最後はもちろんハッピーエンドで、
    とってもいい絵本です。
    なまけものの娘さん、素敵な王妃様になれて良かったね!

    掲載日:2013/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トム・ティット・トット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット