となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

おどる12人のおひめさま」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

おどる12人のおひめさま 作:グリム童話
絵:エロール・ル・カイン
訳:矢川 澄子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784593501250
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,162
みんなの声 総数 39
「おどる12人のおひめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が素晴らしい

    12人のお姫様の靴が踊り明かしたようにボロボロになるのは何故でしょう?
    王様はこの謎を解き明かした者には娘の一人と結婚させることにしました。
    若者が順番にやってきますが、12人姉妹の一番のお姉さんが飲み物に入れる眠り薬のために謎を解くこともできず、眠り込んでしまいました。
    その謎を解いたのが貧しい兵士という設定が、グリム的ではないなと思いつつ、その謎解きを楽しみました。
    なんといっても絵がきれいで、美術的な絵本です。

    謎を解いた兵士が、12人のお姫様の誰を選ぶのかも興味がありました。
    選んだ相手は私からすると???ですが、選んだ理由が意地悪っぽくて、切り返すお姫様の言葉もスパイスが効いています。
    ところで、12人のお姫様たちには踊り相手の王子たちがいたのですよ。
    この物語はこの後、どのように展開するのでしょうか。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おどる12人のおひめさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / くだもの / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット