ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

にわとりのおっぱい」 大人が読んだ みんなの声

にわとりのおっぱい 作・絵:山本 省三
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年06月
ISBN:9784061323155
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,888
みんなの声 総数 20
「にわとりのおっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな先生に子どもたちを預けたい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    この作品に取り上げられている内容は、実際に小学校の授業中に起きたことをもとにして作られているそうです。

    「にわとりにおっぱいはあるか?」
    こんなちょっとした疑問でも、子どもたちの好奇心や意見をしっかり受け止めてくれる先生って、いいですね!
    こういう先生に子どもたちを預けたいです。
    子どもたちの「にわとりにおっぱいはあるか、ないか」という素朴なやり取りや会話が可愛かったです。

    この絵本、遠目もきいて見やすいしとても楽しい内容なので、小学校の読み聞かせなどにもぜひ、使っていきたいです。
    やっぱり、低学年の1,2年生くらいに一番お薦めですね。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト

    インパクトたっぷりの表紙の鶏に魅せられたのでこの絵本を選びました。一人の疑問が皆の好奇心をくすぐる瞬間をとても臨場感たっぷりに描いている所が素敵だなと思いました。先生がすぐに答えを言わずに生徒に自由に意見を言わせているところが素敵だなと思いました。先生の配慮の御蔭で生徒自身が率先して学ぶ心を育てる事が出来るのが良いと思いました。学ぶ楽しさを再確認出来る絵本でした。

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「にわとりのおっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / よるくま / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット