しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いろはのかるた奉行」 大人が読んだ みんなの声

いろはのかるた奉行 作・絵:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784061323209
評価スコア 4.78
評価ランキング 444
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろはかるたは 江戸時代からことわざのかるたで とても おもしろく 学べます  なるほど 人間が生きていく上で いろんな人の考え方があって  いろはかるたは いろんな生き方の参考書のようなものです

    昔の人は うまいこと言ったものですね

    よく知っているものもたくさんあります 
    ちりもうtもってやまとなる  それが 奉行の考えたいろはかるたは 
    ちちもふとって かばとなる  ほんとに 笑えるかるたです  
    そして 教えられるところが また 納得なんです!

    本当に読み応えのある おもしろさと 感心する 教科書みたいに思えました
    学校ではこんな勉強しませんでしょうが  人生の学びです

    長谷川さんの絵も楽しく マイブックで 時々みたい絵本です
    笑いたいときにね

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • オモシロ〜!

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子19歳、女の子14歳

    「いろはかるた」に載っていることわざは、自分ではすべて知っているつもりでした。
    ところが、意外と知らない句がいくつかありました。
    何故?と思って調べてみると、一口に「いろはかるた」と言っても、江戸と関西によっても違いがあり、時代によっても変化してきたということを知りました。
    長谷川さんのだじゃれ?ギャグ?を、目いっぱい楽しむつもりで、この絵本を読みましたが、勉強になりました。
    当然、面白い句がたくさんあって「油断大敵」が「油断快適」なんてけっこう好みです。

    掲載日:2016/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが長谷川先生面白いな〜。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    私、かるた大好きなんですけれども、このかるたが本ではなく、かるたとして販売されていたら、間違いなく買っていると思いますね。江戸時代の方がいいかな、現代の方がいいかな。迷う所です。笑 勉強にもなるし、飾っておきたい一冊ですね!

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだかな〜

    いろはがるたの長谷川義史流解釈。
    ちょっと首をかしげる解釈もありましたが、長谷川さんならば許しましょう。
    そして、長谷川版いろはがるた。
    思わずニンマリしてしまってから、これが児童書であったことを思い出しました。
    子どもに読ませたら、目が点になりそうなかるたもありますよね。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっぱれ!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    お見事です!
    長谷川さんの作品なので絶対面白いはずと決め込んで
    借りてきましたが、最高傑作です。
    これだけの面白いネタを考え出すのに、
    ひねり出すのにどれだけの歳月をかけられたのでしょうか。
    連載されていたそうですが締め切りに追われて
    ご苦労されたのではないですか?
    それほどの作品を1800円(税別)でいいんですか?

    図書館で借りずに敬意を表して購入いたします。
    今回はまだ読めなかった娘のために。

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久しぶりに笑った絵本☆

    うわぁ☆やられました!!
    めちゃくちゃ面白い!!
    これまで知らなかったのが、(この絵本に出会えていなかったのが)もったいないと思うほどゆかい!!


    小さい子どもにも親しみやすいことわざがイロハ…順にセレクトしてあり、ユーモアいっぱいの、言い換え?切り返し?が付いてくる
    なんとも愉快な言葉遊びの世界となっています。


    「・・・なんじゃ。」「・・・なのじゃ。」というまさにお奉行様のようなセリフに気持ちを込めてヨミキカセするとなんとも愉快愉快☆


    実は、先日の読み聞かせ会で、かつらをかぶって、浴衣を着たママたちが登場し、成り切ってことわざを伝授?!しました!!

    成り切って正解☆声に出して湯無ほど愉快!

    家庭に1冊加えたい絵本になりました。

    掲載日:2010/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず最後まで読んでしまう

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    いろはかるたの紹介絵本なんですが、
    長谷川義史さんが描くと一筋縄ではいきません。
    いろはのかるた奉行が登場し、こともあろうに新しいかるたを考案。
    しかも・・・かなり笑えます。
    いえ、そのこじつけに唖然を通り抜けて、あっぱれ!
    その独特の語り口がいいです。
    いろはかるたですから、けっこうな数の枚数なんですが、
    思わず最後まで読み進めてしまいます。
    ということは、正統派とセットで読み進めて行く訳で、
    いつの間にか、本物の知識もちゃっかりお勉強できてしまいます。
    恐れ入りました。
    もちろん、絵も隅々まで堪能しましょう。
    あちこちに茶目っ気が隠されていますね。
    ちなみに、この奉行の視点、妙に共感できると思ったら、
    作者は同年代なんですね。
    道理で・・・。

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いどころ満載

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    面白すぎて途中でやめられず、一気読みしました。

    ことわざをいろはかるた形式で紹介しているのですが、ダジャレでことわざを変形させた奉行のいろはかるたが痛快です。
    かるたの絵も見逃せません。
    よく見ると隅のほうに笑いのツボが隠れていたりします。
    見落としてはいけないと、必死でした。笑

    一番笑ったのは、をててがとにはさまる、の説明文。
    手が戸に挟まるのは5年に1回、足の小指が机にぶつかるのは4ヶ月に1回位の割合、というところ。
    自分の割合にジャストミートで、ブッとふきだしてしまいました。

    ピンクレディーやふじたまことさんなどの懐かしいネタも、昭和を愛する私としてはかなり心をくすぐられました。笑

    ユーモア好きには是非是非!おススメの1冊です。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正規版があればこそ

    まずは、本屋さんで思わず「ぶふっ」っと笑ってしまい、あわてて周りをみまわしました。

    子ども文庫に置くために購入したのですが、家で一人で読んでいて、始めクスクス、途中からゲラゲラ…
    『くさい あしに ふらっ』では、本を放り出して笑いました。
    もう、絵の隅々まで可笑しいです。

    かるたの文を読んで笑い、絵を見て笑い、解説を読んでまた笑い…
    絵の中の人間も動物も、家具も、張り紙も、すべてが気を抜かずに笑わせてくれます。
    人前での思い出し笑いが、今から心配です。

    よくもここまで考えたものです。
    またこのおもしろさも、奉行版だけ読んだのでは半分位。
    正規版のいろはかるたがあるからこそなんですね。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いろはのかるた奉行」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / どうぞのいす / キャベツくん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット