雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

おもちのきもち」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おもちのきもち 作:かがくい ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784061323230
評価スコア 4.75
評価ランキング 636
みんなの声 総数 111
「おもちのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おもちは知らなかった。

    タイトル通り、おもち(鏡餅)が
    おもちのきもちを話すストーリーです。
    他のおもちたちが食べられていく姿をみて
    鏡餅は家から飛び出してしまいます。

    おもちの脱走シーンはおもしろかったです。
    子供達も大うけでした。おもちだったらこんな動き
    するのだろうという動きの絵です。

    疲れたおもちは人間達が自分達をおいしそうに
    食べるので食べてみることにします。
    おもちは知らなかったのですよね。
    自分がとても美味しいということを。
    自分を食べちゃうなんて奇想天外なストーリーですが
    その奇想天外なお話もとても美味しそうな絵で納得して
    しまうのが不思議です。
    最後もおもちらしい!?おちが待っています。
    お正月時期でなくても楽しく読める絵本です。

    掲載日:2008/04/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 美味しいお餅

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    ふふふ。
    この絵本を読んだとき 娘が笑っていました。

    とにかくダイナミック。
    ついこの間 幼稚園のお餅つき大会で 先生やみんなと一緒に杵と臼でお餅つきをしたばかりの娘には 何とも言えない絵本だったようです。

    自分も 嬉しくってニコニコしっぱなしだったお餅をつくために 気根を振り上げたときのことを思い出し・・・

    まさか お餅の立場からそのことをどう思っているのかを知ることになるなんて・・・☆☆

    お餅さんには 悪いんだけど  笑いがとまりませんっ!!!

    っていう感じで ずっとくすくす笑っていました。

    「つきたてのお餅 おいしかったね」

    絵本を読んだあとの娘の一言がまた 笑えました☆☆☆

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり面白い

    4歳次女が大好きなかがくいひろしさんの作品です。今回もやっぱり面白かったー。かがくいさんの作品にはハズレがないです。

    おもちの言葉で物語が進められるのがとても新鮮でした。最後にはかがみもちが…。必見です。

    掲載日:2014/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアがテンコ盛り。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    年が明けて、最初の読み聞かせには、やっぱり面白い話がいい。

    おもちにも、いろいろ悩みがあるらしく・・・
    さて、おもちの気持ちって?

    「お正月に、おもち食べた?」
    子供たちは、かがみもちを知っているだろうか?
    最初の導入で、少し説明。
    半分ほどの子たちは知っていた。

    ではでは、読んでみましょう。

    ペッタン、ペッタン・・・
    「きがつくと、わたくし なんども あたまを たたかれていました。」
    と、つぶやくのは、たごさくさんちのかがみもち。

    このあたりからすでに、クスクスと笑い声。

    「兄弟たちは、のしぼうで ペッタンコにのばされたり・・・」

    笑いが伝染してきた!

    兄弟たちの姿を見て、身の危険を感じたかがみもちが、
    逃げ出した!!!

    子供たちは大爆笑!
    思わず、私も笑ってしまった(汗)
    だめだめ、冷静に読まなくては。

    けど、やっぱり真顔では読めなかった。

    脱走シーンも笑えるが、自分を食べてみるおもちなんて・・・
    この奇想天外なストーリーに、誰もが大笑いするに違いない。

    正月そうそう、腹を抱えて笑えた。
    今年もいいこと、いっぱいあったらいいね。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちが食べたくなる一冊です。

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    餅ってどうやって作るのか、息子から質問があったので、「もち」で検索してこの絵本に出会いました。

    かがくいひろしさんの絵本はユーモアがあって大好きなのです。
    ただ、もうひとひねりお話があればいいのにな、と思ったのが正直なところです。

    おもちをつくところや、おもちをのばされたり、ちぎられたりしているページはなんともおいしそうで、ついおもちが食べたくなります。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に読みたい!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子4歳

    かがくいひろしさんの数ある絵本の中で、この「おもちのきもち」は私のお気に入り作品のベスト3に入るくらい良かったです!

    表紙からもうかがえるように、おもちの微妙な表情と感情の揺れが、おもしろおかしく表現されていて、最後は、逃げ出したけど逃げ切れなかったおもちの表情が、意外にも笑顔だったので、ハッピーエンドということでしょうか。

    いつの時期読んでもおもしろさは変わりませんが、ぜひ鏡開きする前に、おうちの鏡餅のそばで、この絵本を読んでみるのをおすすめします!

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいなおもち!!

    12月1月に子どもたちに読みました。
    いろんなおもち。
    逃げ出したおもち。
    おなかがすいて自分のおもちを食べてしまったおもち。

    ありえなーーーーーいっていうようなおもちがたくさん出てきます。

    園でおもちつきをする前に読みと、
    子どもたちは、おもちをつきながら『このおもち逃げないかなぁ』と
    心配そうについていましたよ。夢のあるお話です。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもち、やっぱり好きです

    • ぴいちさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    読んでいて、どんどん引き込まれていきました。
    おもちも色々考えてるんですね。
    あんこやきな粉につけられるのはイヤ?!
    逃げ出すところやカポッと食べるところの表情おもしろいです。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかと笑えます

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    かがくいさんの発想は、ユニークですね。
    「だるまさんの」シリーズが面白かったですが、このお話もなかなかユニークです。
    今回はお餅がテーマ。
    これから、お正月ですが餅の気持ちになったことはなかったです。
    そういわれてみると、お餅ちつきでつかれたり、あんこをまぶされたり鏡餅になったり大変(笑)

    もちの苦労が嫌になり、鏡餅がある日逃げだします。
    たこのように畑を逃げる様子が、かがくいさんのほんわかとした絵もあって
    笑わせてくれます。お話と画風がとてもマッチしています。
    そしておなかがすいたので、自分を食べてみると・・
    結末もとても面白かったです。

    家族で笑える一冊です。この本で迎えるお正月には福が来そうです(笑)

    掲載日:2009/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に読みました

    • キョッチさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳

    年末に幼稚園で餅つきがあったので、息子にも興味を持って欲しいと思って図書館で借りてきました。
    普通ならお餅の気持ちなんて考えたりしないけれど、この絵本でお餅の気持ちを考えると…ただただ笑っちゃいます。

    幼稚園の餅つきで初めてつきたてのお餅を食べた息子には、逃げた鏡餅のやわらかさと、だんだん固くなっていくお餅が想像出来たのだと思います。
    『こんなカタチで固くなっちゃうなんてオカシイね』と大喜びでした。

    真空パックの鏡餅しか知らない子供たちにも教えてあげたい『おもちのきもち』でした。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おもちのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット