おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ロバのおうじ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ロバのおうじ 作:グリム童話
絵:バーバラ・クーニー
訳:もきかずこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,350+税
発行日:1979年
ISBN:9784593500901
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,310
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マイルドでロマンチックな仕立てです

    グリム童話の毒気をバーバラ・クーニーの絵が素敵にアレンジ。
    マイルドでロマンチックなお話になっています。
    欲深い王様と贅沢三昧のお妃様が魔法使いに頼ってやっと授かった子どもはロバ。
    原因は王様の欲だったのだから、人のせいではありません。
    なのに、やっと生まれた子どもがロバだからと見向きもしない親。
    王子がどんなに努力しても感じるのは疎外感。
    なんか描き方によっては生々しいお話ではあります。
    そんな中で王子は、心に響く音楽を習得していきます。

    一人旅にでたロバの王子は、自分の奏でる曲に感動した心優しい王様とお姫様に迎え入れられます。
    王子は家族のように扱われます。
    自分を愛してくれるお姫様の言葉で、王子はロバから人間に変身することができます。
    王子の気品とお姫様の心の気高さが、物語をとてもロマンチックに盛り上げてくれました。

    こんな描き方もあるのだなという感じ。
    なごめるグリム童話です。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもと親で感じ方が違う絵本かも

    王様お妃様はどうしても子どもが欲しくて
    魔法使いのところへお願いに行きます。
    そして子どもを授かることができるのですが
    王様が欲を出したばっかりに、ロバの子どもが生まれます。

    どうしても欲しいと思っていた子どもなのに
    ロバとして生まれた子どもを愛せない王とお妃。
    王子の服を着たロバを笑う周りの人々。

    ロバの王子は城を出ます・・・


    娘はお話を気に行ったようです。
    最後はハッピーエンドですし、バーバラ・クーニーさんの絵が素敵!
    シンデレラの様な昔話。

    私はロバの王子の実の親が最後まで
    王子を迎えにこなかった事が悲しかったです。
    旅のリュート弾きとの出会いが王子の転機でした。
    辛い環境でもまっすぐ育った王子が素敵です。

    子どもの方にちゃんと気持ちが向いているかなって
    自分に問いかけた絵本でした。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロバのおうじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / くだもの / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット