うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

こびととくつや」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

こびととくつや 作:グリム
絵:カトリーン・ブラント
訳:藤本 朝巳
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784582829884
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,732
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小道具が活きています

    『こびととくつや』と『こびとのくつや』。
    同じ話なのに微妙に違うこのタイトル。
    心なしか、カトリーン・ブラントの絵本は小道具にスポットを当てています。
    働き者なのに貧乏になってしまった靴屋さん夫婦が、最後に残った一足分の靴の皮を置いて一晩経ったら、靴が出来上がっていました。
    靴屋さんの驚きと、感謝の気持ちがわかりやすく描かれている一方で、小人たちも描かれるときには小人たちにスポットが当てられています。
    靴とお金がだんだんと増えていきます。
    小人がせっせと靴を作っているところを見た夫婦は、小人に感謝の贈り物をします。
    小人たちは贈り物をもらったら、お役御免とばかりに出ていってもう二度と戻ってきませんでした。
    それでも、靴屋さんがそのまま繁盛したのは、夫婦が裕福になっても怠け者にならなかったからですね。
    我が家でバーナデット・ワッツの『こびとのくつや』と立て続けに読んだとき、評価はワッツに上がってしまいましたが、私はこちらの方が好きです。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こびととくつや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット