ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

星の使者−ガリレオ・ガリレイ−」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

星の使者−ガリレオ・ガリレイ− 作・絵:ピーター・シス
訳:原田 勝
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年
ISBN:9784198607821
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
「星の使者−ガリレオ・ガリレイ−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ガリレオと言ったらこの本

    ピーター・シスが伝記も描く絵本作家であるということを知ったのは伝記絵本について調べ始めた時からです。

    この絵本はガリレオについてですが、この他にダーウィンやコロンブスについても描いています。

    どの本にも共通するのが、果敢に新しいことを発見・発明していく先駆者であったこと。

    先駆者というのは、人よりも進んだ考えを持ち周りから理解されず苦難の道を歩んできたという要素も強く、このガリレオもそう。

    ガリレオを扱った伝記絵本には他に『わたしガリレオ』があり、この本と併せて読むとガリレオの生涯がよくわかります。

    ガリレオの生涯と共にガリレオの残した言葉も同時に描かれていて、読み聞かせ向きという観点からは少し外れてしまうので、手に取る機会が少なそうなのが残念ですが、絵が美しくて読み応え充分。

    ガリレオと言ったらこの本と思いだしていただきたい一冊です。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「星の使者−ガリレオ・ガリレイ−」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット