もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

チョコレートだいすき!」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

チョコレートだいすき! 作:ブライアン・モーセズ
絵:マイク・ゴードン
訳:いしわたみさこ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年
ISBN:9784774604930
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,869
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • チョコレートのこと

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    チョコレートの歴史、チョコレートの作り方等、チョコレートのことがわかりますね。
    バレンタインシーズンに読みましたが、まあいつでもいいかと思います。
    最初、ことばがちょっと子供には難しいところがあるかなーと思いましたが、お話のあとに「ことばのせつめい」が付いていて、親切だなと思いました。
    チョコレートは私も子供たちも大好きです。作中の子供たちの気持ちがよくわかります(笑)。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い恋の助けになるかも

     チョコレートが大好きな息子と、お勉強(笑)した絵本です。
     バレンタインデーも近いので、再び読みました。

     チョコレートの歴史やカカオ豆からチョコレートまでの製造工程が、とっても面白くわかりやすく描かれています。
     
     チョコレートがヨーロッパに入ってきたときには、上流階級のそれも男性の飲みものだった話や、飲み物から固めた食べ物になり普及したお話しなど、興味深げに息子は読んでいました。
     
     後半には、ヒマワリのチョコレートクランチのレシピもついていて、楽しみ方が色々ある絵本です。
     
     バレンタインデーにチョコをプレゼントする事が始まったのは、19世紀、イギリスのキャドバリー社が火付け役だったようです。
     日本は、1970年頃から始まった歴史の浅いものですね。
     この頃は、男の子から女の子へチョコをなんて、何でもありの商戦(笑)も…。
     チョコについてのちょっとした蘊蓄も、可愛い恋の助けになるかも。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「チョコレートだいすき!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / だるまさんが / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット