だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ころころ にゃーん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ころころ にゃーん 作・絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2006年04月
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,625
みんなの声 総数 21
「ころころ にゃーん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 色々な解釈が出てきそう

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    2歳9ヶ月の次男に。
    ネコの上にころころと丸い物体が転がってきたと思ったら、次のページで丸い物体は子猫に。これが何回か続くお話ですが、果たしてこれが親猫に甘える子猫なのかは分かりません。なんかちょっと親猫が不機嫌に見えるからです。最後は大きな丸が大きなネコになって、親猫はつぶされています。通り過ぎた最後のページでは、去っていく丸い物体を思いっきり睨んでいます。さっきのは誰?お父さんネコ??
    色々な解釈が出てきそうな作品です。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの心をさりげなくくすぐる長さんの絵

    二歳の息子が私の家から借りて行った本です。

    最近のお気に入りは丸。

    猫がまるくなっているところは、丸に見えますね。

    丸があるし、子どもの心をさりげなくくすぐる長さんの絵ということで、この本も気に入ったようでした。

    赤ちゃん絵本だけど、発想がおもろしくて、クスッと笑えます。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 転がる子猫たち

    丸まった子猫たちがお母さん猫の背中に転がってくるお話です。

    2歳児の子に読み聞かせをした時、大きな猫を見て「あっ!これお父さんだ!」と言っていました。
    子どもなりに色々と感じることのできる一冊だと思いました。

    また、「ころころ にゃーん」の繰り返しが心地良くて好きです。
    ピンクのペン一色で描かれているのが印象的ですが、全体を通して母親猫の優しさが伝わってきました☆

    長さんは優しかった
    ピンクのペン一本で描かれた、赤ちゃん向けの絵本が
    長新太さんの遺作となりました

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ころころ にゃーん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット