もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ティモシーとサラの絵本 3 おばあちゃんのかぼちゃパイ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ティモシーとサラの絵本 3 おばあちゃんのかぼちゃパイ 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784591042939
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,001
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあちゃんになること

    ハロウィンというより、かぼちゃの季節にあわせて
    読んでみました。
    ティモシーとサラの絵本、以前にも読んだことがあるはず
    ですが、娘はすっかり忘れていたようで、新鮮な気持ちで
    読んだようです。

    古いアルバムをみながら「おばあちゃんて、ずうっとおばあちゃん
    かとおもってた」とティモシーとサラは言います。娘もばあばに
    向かってそんな風に言っていたこともありました。
    小さな子どもにとって、おばあちゃんにも子どもの時代があった
    ということはなかなか想像しにくいことなのだろうなあって
    思います。

    私はもうすっかり大人なので(子どもよりもよっぽどおばあちゃん
    に近いので)、サラ達のおばあちゃんが自分が若かった頃の
    気持ちとちっともかわっていない、と話すことに共感してしまい
    ました。そう、どんなに歳をとっても、いろいろ経験しても
    ねっこのところの気持ちってかわらないのですよね。
    最後にみんなで食べるかぼちゃのパイやスープが、おばあちゃんと
    孫のあったかい会話ととってもあっていてほっこりうれしく
    なりました。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ティモシーとサラの絵本 3 おばあちゃんのかぼちゃパイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット