すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

うさぎのルーピースー」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

うさぎのルーピースー 作・絵:どい かや
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784097261216
評価スコア 4
評価ランキング 18,568
みんなの声 総数 18
「うさぎのルーピースー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人に語りかける作品。

    どいかやさんの絵が好きなので、なんとなく手に取って4歳の娘と一緒に読みました。

    うさぎが机の下で死んでいるという衝撃的な場面から始まります。
    何故そこに倒れているのか、何故死んだのか。何の説明もありません。ただ、発見者の女の子が、名前を付けた美しいルーピースーの絵を何枚も書き、花で飾って、埋葬する様子が淡々と描かれていきます。うさぎが土にかえったら、その土で野菜を育ててみんなでいただこうと考えながら。そこに、死への恐怖や嫌悪感なんて微塵もなくて。
    「ルーピースーのことが 心から うらやましいと 思いました」
    とすら言いきる女の子。
    瑞々しく鮮やかな絵が、不思議な切なさと温かさを盛り上げます。

    とても短くて簡潔な文章の奥に、紙上では語られない、生と死と再生の哲学がたくさん詰まっているように感じました。どう感じ、どう解釈するかは人それぞれだと思います。
    「死」をちゃんと理解していないであろう娘にはちょっと難しかったかな。
    最後のページには、飛び跳ねる元気なルーピースーが描かれていたので、「ルーピースーは元気になってよかったね」というとんちんかんな感想でしたし。

    17cm四方の小さな本なのですが、私にはちょっと心に残る一冊となりました。

    掲載日:2011/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな絵本でした

    お話はうさぎが死んでいるところから始まって。
    女の子はうさぎが死んでいることに対して戸惑わない。
    その姿を美しいと思う。
    その姿を見て名前をつける。
    しばらく自分の手元に置いて私の思うに可愛がり大切にし、最後の最後に土に返してあげる。

    この絵本の中は完全に無音を感じました。
    寂しさというか悲しさというか‥いや死という事実を淡々と見つめ受け入れている女の子の様子がただ描かれているかんじ。

    娘たちはいきなりうさぎが死んでいるところから始まるので、終始なかなか理解できていないようでした。


    こういう絵本もたまにはいいですね。
    賑やかで楽しくて興奮しちゃう絵本だけでなく、ただ静かで美しさを感じる絵本。
    悲しいお話なはずなのに、感じるのはそれだけじゃない。
    奥が深くて大人でも考えさせられるものがあると思います。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うさぎのルーピースー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(18人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット