モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

うさぎのルーピースー」 大人が読んだ みんなの声

うさぎのルーピースー 作・絵:どい かや
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784097261216
評価スコア 4
評価ランキング 18,179
みんなの声 総数 18
「うさぎのルーピースー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 落ち着いたところで

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    うさぎの絵と持ちやすいサイズからか2歳の娘が図書館で選んできた絵本。
    表紙や最初のページのうさぎを見て、
    うさぎ、ねんねねえ。
    と言っていました。表紙を見てなんとなく、死についての絵本かなと思っていて、まだ2歳の娘に読んでやるには少し抵抗があり、娘とはページをめくりながら動物の名前を言ったりしながら楽しみました。見返しの森のページもきれいです。
    後から一人で読みました。
    こころ落ち着いた時に読めば、自然な死の受け入れ方がとてもすんなり入ってきました。
    死がテーマなのに、あたたかさを感じました。
    ぼくじゃないよ、しらないよと言っていた動物たちもずっと一緒にいる。
    絵を描いてあげたり、お花で飾ってあげたり。
    命の尊さでしょうか。
    他の方のレビューに静かな絵本とありましたが、私も、まさにそのように感じました。
    静かな中に美しさを感じました。
    落ち着いたところで、読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵はとても、素敵

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    あら、かわいい・・・

    素敵なタッチで描かれ
    てっきり眠っている・・・との思い込み

    突然ながら
    机の下で死んでいる・・・
    ちょっと、ショッキングです
    誰のせいでもなく・・・

    でも、なぜ机の下?
    って、私はちょっと不自然に感じて
    受け入れることが出来ませんでした

    野菜・・・も、ちょこっと
    受け入れがたい感覚があります

    絵を描いてあげたり
    花で飾ってあげたり

    きっとお食事しながら
    ルーピースーのお話をして・・・

    でも、生前との接触はなかったわけで

    って思うのですが
    これが、別の動物だったら、どうだったんだろう・・・とか
    邪推?ですかね

    でも、とにかく絵が素敵で
    「死」に対するイメージは暗くありません

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとおしむ。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    静かで、美しいおはなしです。

    朝起きると、机の下で野うさぎが死んでいました。

    なぜ、そんなところで死ななければならなかったのか…
    誰も知らない。理由もわからない。

    突然の「死」に驚くこともなく、
    野うさぎの絵まで描いてあげようとする優しい女の子。

    どうしてそんなに冷静でいられるの?

    ビオラやプリムラなどの綺麗なお花で飾られた野うさぎ。
    「あ!」と思いました。
    先日、娘が死んだ鳥を埋めてあげるのを見ました。
    そう、こんな風に綺麗にお花で飾ってあげていました。

    生き物は、やがて死に土に返ります。
    今まで飼ってきたハムスターや金魚、虫たちも埋めてあげました。


    おはなしは、土に返ったあとの「再生」もえがかれています。
    どう「死」と向き合うのかは、皆違うと思いますが、
    こういう考え方もあるんだな〜と勉強になりました。

    ちょっと、小さいお子さんには難しいかもしれません。

    掲載日:2011/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がドキドキしました

    どいかやさんの絵本が大好きなのでこの絵本を見つけたときは中を見ずとにかく読んでみたいという一心で手にしていました。
    いつも優しいイラストに癒やされ、登場する可愛らしい動物や人物に魅了され・・今回はどんなお話なのだろう?

    そう思いながらページをめくってみると・・

    最初の一ページで胸がドキドキするのを感じました。

    うさぎが死んでいるというところから物語が始まっているんです。

    そしてこの絵本はいつものどいかやさんの絵本とは少し違うのかな?と思いながらも最後が気になり読み進めました。

    でもさすがはどいかやさんだなと思うのは「死」というマイナーイメージのあるテーマでもマイナーには決して思わせない生きた軌跡を誇りに思わせられるというか・・命の大切さを感じさせてくれるというか
    読み終わった後に悲しさではなく、すがすがしさを覚えました。

    どいかやさんがどのような思いでこの絵本を書かれたのか是非知りたいと思いました。

    掲載日:2008/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うさぎのルーピースー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(18人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット