なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

めざめのもりのいちだいじ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

めざめのもりのいちだいじ 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784834020717
評価スコア 4.73
評価ランキング 898
みんなの声 総数 43
「めざめのもりのいちだいじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このコンビが好き

    このシリーズ大好きです。

    今回もクマの寝言が面白くて
    クスクス読みながら笑っていたら、息子もゲラゲラ
    笑っていました。

    一大事!!!って何事かと思ったらはちさんが大変!

    森の動物総出で助ける関係ってとても素敵ですよね。

    最後はみんながハッピーになれてこんな広い原っぱに
    行ってみたくなりました。

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の訪れと素敵な仲間☆

    心優しいヤマネくんが今にも崖に落ちそうなミツバチさんの巣を守るため、冬眠中のクマさんを起こそうと春のしるしを探しに出掛けます。
    あちこち走り回る山根くんの様子を見て森の仲間も駆けつけて…。
    雪解けの小川や芽を出したふきのとうなど素敵な絵で森の中に訪れた春のしるしが描かれています。みんなで力を合わせてミツバチさんのおうちを助けようとする場面はは読んでいる娘も一緒になって応援してしまいました。
    最後のれんげのお花畑との美味しそうなハチミツを見て、自然と春が待ち遠しくなりました。
    少し大きめですがちょうどよい長さで独特の絵の雰囲気がとっても素敵なのでシリーズで揃えたくなる絵本です。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目覚めの春

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このシリーズは上の娘も大好きで、
    3歳になりたての娘にとっては文章が長めですが、
    いつも最後までじっくり聞いてくれます。

    この作品は雪国らしさがよく表れていて、
    北海道に住んでいるので、実体験を伴って共感することができました。

    娘は、最後のレンゲのお花畑が気に入っています。
    それまでのページは、深い雪に埋もれた森の場面が続きますが、
    ページをめくると鮮やかなレンゲがたくさん現れます。
    北国の春の訪れは、タイトルにある通り、
    『目覚め』という表現がピッタリです。


    蛇足になりますが、ヤマネくんが森の中で春を探している時、
    トンビの影に私はドキドキ・ヒヤヒヤしてしまいました。
    (食べられるんじゃないかと・・・)
    お友達だったのですね。杞憂でした f^_^;)

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが、くまさんだね!

    ヤマネくんの優しさが伝わってきます。忙しそうに走り回っているのを

    心配した森の仲間たちもとても仲がよくて、みんなで協力して生活して

    いるんだと思いました。みんな親切で困った時には助けあって暮らして

    いるんだと思いました。ねぼすけのくまさんを起こそうと奮闘している

    ヤマネくん、森の仲間たちに本来そうあって暮らしてきた昔の長屋風景

    をぼんやりと想像して温かい気持ちでほんわかしました。

    やっぱりお節介すぎるくらいの方が私には似合っているなあって思いま

    した。力仕事ならやっぱりくまさんがいなくては間に合わないなって、

    「さすが、くまさんだね!」と思いました。夫々に合った役割があると

    思いました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいヤマネくん

    娘も私も好きな大きなクマさんと小さなヤマネくんシリーズです。
    ふくざわゆみこさんの絵本は絵が丁寧で暖かくて大好きです。

    今回のお話はヤマネくんが今にも崖から落っこちそうになっているミツバチの巣を見つけます。何とか助けようと、まだ冬ごもり中のクマさんを起こそうとするのですがなかなか起きてくれません・・・。

    クマさんを起こしてミツバチを助けようと、とっても必死なヤマネ君。心優しさが伝わります。
    一面のレンゲ畑もとてもきれいで、春を感じられます。
    一見まだ冬のような景色の中にも、案外春の訪れって隠れているんですね。
    春先にぴったりの絵本だと思います。

    それにしても、食いしん坊のクマさん。クマさんの目覚めるきっかけが面白かったです。今年はおいしい蜂蜜、たくさん食べられたかな^^

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「めざめのもりのいちだいじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット