ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

めざめのもりのいちだいじ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

めざめのもりのいちだいじ 作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784834020717
評価スコア 4.73
評価ランキング 898
みんなの声 総数 43
「めざめのもりのいちだいじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クマさん、起きて!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    春。
    ハチさんのピンチを救えるのはクマさんしかいない!?ですが、まだクマさんは冬眠から覚めなくて…。
    やさしいお話でした。
    クマさんが起きた時の様子が微笑ましかったです。たしかにおなかはすいたでしょうねー(笑)。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • レンゲの花畑

    クマさんとヤマネくんのシリーズは、他にもいろいろな季節のおはなしがありますが、今回は雪解けの春が舞台。
    冬眠から目覚めたヤマネくんが、ミツバチさんの家が崖から落ちそうになっているのをみつけ、森の仲間たちと力を合わせて助けます。
    それにしても、みんなが大慌てしているのにのんびりしているクマさんののんきなこと。でも最後は大活躍なんです。
    レンゲの花畑のラストシーンがとっても素敵でした。このページを見るだけでも、春を満喫できます。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の見つけ方を教えてくれた

    「ふゆじたくのおみせ」を読んでとても気に入り、季節に合わせてこのシリーズを読むことにしています。

    絵のほとんどは、まだまだ溶けない雪景色。ヤマネくんと同様「本当に春が来たの?春のお話なの?」と思いましたが、ちょっとずつ春の気配を教えてくれて、だからこそ最後のれんげの花畑が印象に残りました。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「めざめのもりのいちだいじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット