ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

ゆきむすめ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆきむすめ 作:内田 莉莎子
絵:佐藤 忠良
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1966年
ISBN:9784834000931
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,198
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロシアのお話には佐藤忠良さんの絵がピッタリ

    この絵本を最初に見せた時、二歳の娘が「おおきなかぶ!」と言いました。うんうん、おおきなかぶのおじいさんとそっくりだね。同じ人が絵を描いたんだよ。
    スズキコージさんの独特な画風も大好きですが、やはりこのお話は自分が小さい頃慣れ親しんでいた佐藤忠良さんの絵で読んであげたいと思いました。
    雪で作られたゆきむすめはとても愛らしく、おじいさんとおばあさんが可愛がっている様子がひしひしと伝わってきます。
    それだけに最後のページは本当に悲しい。
    余韻をいつまでも残す絵と文章です。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 描かれない部分を想像する

    懐かしい、見たことのある表紙とタイトル、
    印象に残っていたお話です。思わず手に取りました。

    子どものいないおじいさんとおばあさんが雪で
    作った子ども、ゆきむすめは大切に育てられます。
    しかし、晴れた日や夏の日には外へ出るのをいやがるゆきむすめ。
    そこへ女の子たちが森へ遊びに行こうと誘いに来て…

    何とも言えない喪失感、切なさが残るお話です。
    息子も何度も読むようせがんできますが
    神妙な顔で毎回聞いています。

    どうしてゆきむすめが晴れた日、夏の日をいやがるのを
    おじいさんたちが分かってあげられなかったのか、
    どうして女の子たちは危険な遊びを始めたのか、
    どうしてゆきむすめは誘いを断りきれなかったのか、
    回避できる選択肢はあったはずなのに…、
    悲しい結末になってしまった原因を振り返らずにはいられません。

    でも、起きてしまった現実は受けとめなければならない。
    このお話を読んだ後はまず、物語に描かれていないその後の、
    おじいさんおばあさんたちの姿を想像せずにはいられません。
    そこから何を思うか、どんな物語として自分の中で消化するか、
    子どもは自分なりにこの結末に解釈をつけるでしょう。
    毎回読よみっぱなしにしていますが、息子がもう少し
    大きくなったら、どんな感じ方をしたのか聞いてみたいですね。

    掲載日:2013/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきむすめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット