ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ゆきむすめ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆきむすめ 作:内田 莉莎子
絵:佐藤 忠良
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年
ISBN:9784834000931
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,296
みんなの声 総数 31
「ゆきむすめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親の気持ち

     最近、とにかく悲しいお話はいやだと言うようになった娘。少し前までは、悲しい「ストーリー」と受け止めていたのが、今はもっと深く、現実的な部分で、心に突き刺さってくるものがあるようで、反応の仕方がまったく違ってきました。「ゆきむすめ」も、その中の1冊。

     雪から生まれた奇跡よりも、焚き火の上で消えていった現実、物語には書かれていないその後の、おじいさん、おばあさんの悲しみのほうが、より強く娘の心に迫ってくるようでした。
     「かぐやひめ」など、日本の昔話もそうですが、我が子のように慈しみ育ててきた子が、ある日突然「元の世界」へ帰ってしまうのは、残されたものにとっては本当に辛いことですよね。幼い娘にも、親の気持ちがわかるんだなあ、と思いながら、絵本を閉じました。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が落ち着きます。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    ゆきむすめが動き出したときの、おじいさんとおばあさんの表情がとってもうれしそうで、そのページがくると、見入ってしまいます。
    子どもに恵まれなかったおじいさんとおばあさんの喜びが感じられますね。
    ゆきむすめの人生ははかないものでしたが、必ずしも不幸せではなかったのでは、と思いました。おじいさんやおばあさんといっしょに暮らせたこと、友達といっしょに過ごせたこと、幸せをもらい、また与えることができたのでは。そう考えると、このお話は、命の大切さを考えることができる、とっておきの絵本だと思います。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきむすめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット