だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

クレオのひっこし」 大人が読んだ みんなの声

クレオのひっこし 作:ステラ・ブラックストーン
絵:キャロライン・モックフォード
訳:俵万智
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784774605876
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
「クレオのひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クレオ君にとっては別荘付きのようです

     「こねこのクレオ」シリーズってたくさんあるんですね。
     初めて読みました。
     幼児向けのようです。

     さて、クレオくんの飼い主がお引っ越しのようです。
     いつもと違う家の様子に、犬のジャスパー君と共に戸惑っているようです。
     おうちの人たちは、彼らの相手もできぬほど忙しそうです。
     でも、素敵なおうちへ引っ越しできました。
     クレオ君にとっては別荘付きのようです。

     アクリル絵の具で描かれた重厚感のある絵です。
     子どもたちは、絵本を通したくさんの絵にも出会えるんですね。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットたちも引っ越しは大変

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    今回読んだ「こねこのクレオ」シリーズで、個人的には一番気に入った作品です。
    引っ越しって、人も大変だけど、飼われているペットたちも大変なんですね〜。
    最後に覗いている窓からは、くもの巣以外にどんなものが見えたんでしょう?
    ちょっと気になります。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレオ

    同主人公が登場するシリーズを読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。引っ越しは人間にとって住みやすいだけでなく動物にも住みやすい場所をと考える家族の温かさを感じられる絵本でした。これ程までに自分を思ってくれる人に恵まれた主人公は幸せ者だと思いました。思う存分駆け回っている主人公の幸せな笑顔が特に気に入りました。

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クレオのひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット