かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

わたしは とべる」 大人が読んだ みんなの声

わたしは とべる 作:ルース・クラウス
絵:マリー・ブレア
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784061892477
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,420
みんなの声 総数 19
「わたしは とべる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日常の一コマなのに生き生きしてて素敵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    「ルース・クラウス」はアメリカを代表する詩人で、劇作家で、児童文学者だったそうです(没1993年)。
    そのルース・クラウスの詩に、同年代アメリカで活躍されたマリー・ブレアが挿絵を手掛けた作品で、
    邦訳は谷川俊太郎さんです。
    日本ではこの《クラシックセレクション》(講談社)というシリーズで紹介されるまで、
    知られていなかったようですが、アメリカでは1951年の発行以来読み継がれてきている絵本だそうです。

    なんと、この詩には曲もついていて、ページをめくると中表紙の横に楽譜が載っています。
    タイトルの文字のロゴにもこだわりがあって、字の中に小さな青いお花がチラチラ描かれていて
    オシャレ感があります。
    こんなオシャレな作りの本を60年くらい前に作られていたことにまず、驚きました。
    またマリー・ブレアの絵が素敵で、主人公の女の子が各ページの「詩」に合った装いと表情で、とても生き生きと描かれています。
    私が気に入ったページは
    『はりはり たべる やぎの つもり』

    『つんつんつん くちばし つん』
    それに
    『あなの おうち もぐらのおうち』
    のページかな〜。
    どれもたわいもない日常の一コマが描かれているのですが、すごくナチュラルで楽しそうな世界がそこにありました。
    3,4歳くらいからの低年齢向けのお話会などでも使えそうです。
    言葉は簡潔で、絵もはっきりしていて見やすいのですが、せっかく素敵な世界が描かれている作品なので、あまり小さすぎるお子さんよりも、語彙が増え、集団生活にも慣れ始めるこのくらいのお子さんたちから読んであげてほしいなぁと思いました。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたしは とべる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット