くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

コロちゃんの クリスマスのぼうけん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

コロちゃんの クリスマスのぼうけん 作・絵:エリック・ヒル
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784566004740
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,330
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供はクリスマスもイブも大好きです。

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    コロちゃんをはじめ、子供はクリスマスが大好きです。そしてクリスマスイブの日に一生懸命飾り付けをしたりして楽しんでいます。クリスマスツリーって前日にするものだったのですね。ホームセンターなどでは11月の最初から飾り付けをして売っているから、11月から飾り付けしていいものだと思ってしていました。でもクリスマスの飾りつけって、コロちゃんだけじゃなくても楽しいのですよね。元気がありすぎて、おかあさんから追い出されたコロちゃんは、赤いそりを無くしたトナカイさんにあいます。そこからが物語が面白くなってきました。仲間たちに聞いて、仲間たちは準備に大忙し、遊ぶのにも大忙し、そして赤いそりがみつかって、コロちゃんは夢のような時間を過ごします。本を読み終わった後コロちゃんのぼうけんはもしかして夢だったのかもと思ってしまいます。クリスマスの時期に読むと楽しい絵本ですね。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コロちゃんの クリスマスのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット