貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きょうはなにするの、ペネロペ」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

きょうはなにするの、ペネロペ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784265071524
評価スコア 4.26
評価ランキング 15,222
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うっかりさんのペネロペが可愛いです

    おさがりで頂いた本です。ペネロペシリーズは初めて読みました。
    幼稚園に通うペネロペの1週間が描かれているのですが、いつもうっかりしちゃって何か変なペネロペ。途中で気付いて仕切り直して出発。ばっちり準備が整ったペネロペは幼稚園で思いっきり楽しんでいます。体操をしたり遠足に行ったり、カーニバルがあったり森に遊びに出掛けたり毎日とっても楽しそう。是非息子を通わせたい幼稚園です☆
    この本は息子が大好きで、読んで〜!と持ってきては膝にちょこんと座り、ご機嫌で見ています。お友達に語りかけるようなペネロペの言葉が好きなのかな☆
    イラストも水彩画みたいな感じで、とってもステキです。
    そして、表紙と裏表紙をめくった最初の見開きのページには、ペネロペやそのお友達が並んで描かれていてとっても可愛いです。カーニバルに参加しているところやお着替えしてるところ、まだ眠そうにしているペネロペや森に出掛けようとしているペネロペ。
    息子もこのページが好きで、指差しては何やら喋っています(笑)
    最初のページから最後までとっても楽しめる絵本です。

    掲載日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな大好きペネロペ

    小さくてかわいい絵本です。
    月曜から日曜までのペネロペのうっかりさん日常が描かれていて
    曜日の勉強にもなります。

    上の子が小さいときに購入したのですが、今は兄弟で楽しく読み聞いてくれています。
    いくつの子でも、ペネロペは大好きみたいですね。

    ちょっと文化が違うかんじが大人は読みにくかったりするのですが、子供は一般的な普通がわからない分、素直に読めるのかもしれません。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかり全開!

    ペネロペのうっかり度全開の本作。ちっちゃなペネロペがなぜか吊り輪しちゃったりするかわいい姿を見ることができます。
    1歳の子供にとっては、絵を楽しむことはできるけど、内容はよくわからないかもしれません。内容楽しんでいるのは一緒に読んでいる親だったりするのかなぁ。

    掲載日:2009/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きょうはなにするの、ペネロペ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット