貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きょうはなにするの、ペネロペ」 大人が読んだ みんなの声

きょうはなにするの、ペネロペ 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784265071524
評価スコア 4.23
評価ランキング 16,405
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黄金コンビ

    アン・グットマンさんとゲオルグ・ハンスレーベンさんの黄金コンビの作品だったのでこの絵本を選びました。ぺネロぺの通っている幼稚園がとても素敵なイベントが沢山あるので羨ましくなりました。ぺネロぺが自分から幼稚園に行きたいというのも納得できました。特に森に遊びに行くのが良いと思いました。色々な体験が出来るぺネロぺは幸せだと思いました。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • パジャマでは幼稚園には行けないとわかっているペネロペは

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    偉いですね!私は、どうしてもこのお気に入りのパジャマで園に行く、と聞かない頑固な我が子に負けてパジャマで連れて行ってしまった事があります。園では先生達に諭されちゃんと洋服に着替えていましたが…。私は親として子供から舐められているでしょうか。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きょうはなにするの、ペネロペ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット