ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ペネロペ うみへいく」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペネロペ うみへいく 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784265071531
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,590
みんなの声 総数 34
「ペネロペ うみへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと、早いかな?と思いつつ、1歳で読んでみたところ、恐らく内容は理解できていないのでしょうが、もう1回読んでとせがまれました。
    時々本棚から引っ張り出してじーっと見ています。
    私も絵のタッチが新鮮で、見ているだけで楽しくなりましたので、我が子もそうかな?と思っています。
    例えば海の青もいろいろな絵の具で色をだしていて、微妙で繊細な色になっています。
    自分が小さい頃には見たことがないような絵柄なのでとても興味をひかれました。
    お話は乳幼児には少し難易度が高いかな?
    こういう時にはどの道具?と選択していくのですが、2歳になった今でも分からない道具が結構出てきます。
    いまはただ、こういう絵が好きな子に育ってほしいなあ、という思いで読んでいます。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぺネロぺうっかりやさん?

    うみへ持っていく準備まで楽しめれる絵本です。

    ぺネロぺは、「うっかりやさん」??・・・いえいえとんでもない!

    しっかりと準備してました。用意周到にしっかりやってました。

    ぺネロぺは、フランス生まれのコアラの女の子なのに、水着が海水パン

    ツなのは、きっとまだ小さい子だからかなあ・・?って思う私でした。

    海水パンツは、男の子で、女の子は可愛いワンピースか、ビキニの水着

    というイメージが古いにかなあ・・・・・・

    やっぱり「問いかけ?」はいいなあ!話の中に参加できていいです。

    リサとガスパールも勿論大ファンだけれど、「ぺネロぺ」も文章が短い

    から孫にとってはいいかなあ?

    絵が大好きな私は、いつまでも絵を眺めていたい魅力がある絵が大好き

    です。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペネロペ うみへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット