クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:ひしき あきらこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年9月30日
ISBN:9784834017533
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,676
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのおばさんが好き?

     久しぶりに読んだベスコフの絵本。
    最近では、一人で童話を読むことが多くなった娘ですが、ベスコフの作品はやっぱりおもしろいらしく、二夜続けて、「これ、読んで」と持ってきました。

     始まりのおばさんたちの紹介部分から、もうすっかり物語に魅了された様子で、みどりおばさんが緑の服、ちゃいろおばさんが茶色の服、むらさきおばさんが紫の服を着ているのが、どれほど当たり前のことかという説明には、感心しきって笑っていました。
    そうですよね、「きいろいリンドウやあおいタンポポ」を見たら、みんなびっくり仰天してしまいますものね。

     そして、それぞれのおばさんの容姿や表情、性格なども観察しながら、
    「ママは、どのおばさんが好き?」と、興味深げに聞いてきました。
    「ちゃいろおばさんかな?」
    娘は、ちゃいろおばさんも優しそうだけれど、1番好きなのは、むらさきおばさんなのだそうです。
    「だって、とっても上品だから。」 
    そうだね。 
    「それに、きれいで、刺繍も上手だよね。」と、話は弾みます。

     おばさんたちがかわいがっている犬のプリックが、怪しげな男に連れ去られてしまう場面にも、ハラハラ、ドキドキ。
    でも、みなしごのペッテルとロッタのお陰で、無事救出することができ、最後は、それはそれはすてきなハッピーエンドに! 

     娘は、プリックのカラフルなリボンだけでなく、ペッテルとロッタの服の色にも即座に気づき、おばさんたちと同じくらいうれしそうな笑みを浮かべていました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / よるくま / どんどこ ももんちゃん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット