すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

黒ねこのおきゃくさま」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

黒ねこのおきゃくさま 作:ルース・エインズワース
絵:山内 ふじ江
訳:荒このみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784834015843
評価スコア 4.76
評価ランキング 621
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 静かな奇跡

     聖夜にぴったりのすてきなお話です。

    貧しいおじいさんの元に現れた黒ねこ。おじいさんは、このお客様を、大事に、大事にもてなし、自分自身が飲まず食わずでとっておいた大切なミルクとパン、そして、ついには肉の骨まですべて、黒ねこに与えてしまいます。
     娘は、与えても与えても、足るを知るということのない図々しいおきゃくさまに、びっくり仰天。
    「外に出しちゃえば? おじいさんだって何にも食べてないんだよ。全部あげちゃったら、おじいさんがかわいそうだよ。」と、言っていました。

     ところが、翌朝、黒ねこが出て行く場面で、急に目を丸くし、
    「あっ、きっとこのねこは神様だったんだよ!」と、驚きの声を上げました。

     寒い冬の夜に起こった静かな奇跡。心が洗われていくのを感じます。

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • とっても心温まるお話

    とっても心温まるお話で、
    これぞ無償の愛だあ!!といえるお話でした。
    たまたま我が家ではクリスマスシーズンに読んだのですが、
    その時期に読んで良かった!
    イエスの心をもったようなおじいさんだなあ。。。と感じちゃいました。

    毎日食べることさえままならない貧しいおじいさん。
    でも毎週土曜日だけは、お肉とミルクを食べるようにしていて、
    それをとても楽しみにしています。
    そこへみずぼらしく痩せた黒ねこがやってきて…

    おじいさんはどうなってしまうのか?と不安になり、
    この黒ねこはなんだったのか?と疑問が残ったり…
    でも最後の展開にほっとしたり、と読み応えたっぷりだったようです。

    絵本全体が、昔話のような雰囲気があるので、親としても安心して読める作品の1つでした。
    分量的には少し多めなので、童話の入門としてもぴったりかなあと思います♪
    寒い冬の時期におすすめの作品です。

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「黒ねこのおきゃくさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット