おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

黒ねこのおきゃくさま」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

黒ねこのおきゃくさま 作:ルース・エインズワース
絵:山内 ふじ江
訳:荒このみ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784834015843
評価スコア 4.76
評価ランキング 632
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 黒ねこはどこから来たの?

    大好きな場面が2つあります。
    ひとつは、「まきがぱちぱちもえて、時計がかちかちなって、おきゃくさまはのどをごろごろ・・・。」という場面。
    おじいさんの幸せな気持ちが伝わってきて、むすこも「わぁ!」と目を細めました。

    もう一つは、ラストの「今じゃあほら、友だちじゃないか・・・」というおじいさんのセリフと、黒ねこが足跡を付けずに去ってゆくシーンです。

    「黒ねこはどこからきたの?」
    という子どもたちと一緒に考えた答えは
    「優しいおじいさんへの神様からのお使いだったんじゃないか?!」
    というもの。
    でも、本当のことはわかりません。
    皆さんも読んでいただき、その答えを子どもさんと一緒に考えてみてほしいと思います。

    絵の美しさもずっと心に残る名作です。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心温まる

    エインズワースのお話は心温まるものが多いし、表紙の絵も雰囲気がありよさそうに思えたので、前から読んでみたいと思っていました。

    結末は昔話風だなあと思いました。

    最初は、一人暮らしで寂しく暮らしていたおじいさんの暮らしぶりがかわいそうに思えました。黒猫を放っておけなくて親切にする辺りは人の良さがうかがえます。

    こういうのを無償の愛というのでしょうか。

    ほのぼのとしていて、冬のお話ですが心が温かくなります。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「黒ねこのおきゃくさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ / めっきらもっきらどおんどん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット