ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ずっとママといっしょがいいの!」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ずっとママといっしょがいいの! 作・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳:野坂 悦子
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784072491652
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,257
みんなの声 総数 30
「ずっとママといっしょがいいの!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親離れ

    子供の2歳のお誕生日に読みました。
    「まだ、わからないかも」と思いながらも「もう、赤ちゃんじゃないしね」という想いも込めて。

    なかなかママの袋から出られないカンガルーの子ですが、親離れの瞬間は思いのほかアッサリとしたものでしたね。
    子供はきっかけがあれば、なんとでもなるのでしょう。

    「あんまり とおくまで いかないのよ」と、ママの言葉に親の気持ちが表れているようです。
    「親離れして欲しかったのに、いざとなると寂しい・・・」なんて、思っているのではないかなと、読みました。

    親と子の両方で、考える場面のある絵本だと思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母と子の成長が描かれてます

    これは、まさに今の我が子に対する私達の気持ちが描かれていますね!
    それをいつもずっと一緒のカンガルーで表すのも上手だな〜〜って感じました!!

    ずっと一緒だけど
    自分の足で色々な世界を見て欲しいという母の気持ち。

    そして、まだまだずっとママと一緒〜〜ママ抱っこ〜〜の子どもの様子。
    上手に描かれているな〜〜って思いました。

    本当、子育てなんて皆初めてで不安なら絵本がまずは最高って思いました。

    それを教えてくれる内容ですね。


    母と子の成長が描かれています。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵がかわいくて カンガルーのママがこどもをなめているのが目にとまり読んでみました

     ベルギーの作者ヒド・フャン・ヘネヒテンは 以前私が 子供たちに読んであげた 「だっこのえほん」の作者だったんですね

    カンガルーママはもう大きくなった子供のカンガルーがいつまでも いつまでもママのおなかがいいと 独り立ちしてくれないので困っています

    いろいろ言い聞かせても また ふくろにはいるの・・・
     
    ぞうさん ちょうちょ ことり さる きりん 他の動物たちの親子の様子見せてもだめ・・・

    ママがすきなのは分かるけれどもね・・・

    人間もこんなにママが好きな子いるんじゃないかな?
    でも・・ いつかは 独り立ちしていくものです

    この 親離れ 子離れが うまくいくことが 大事な事ですよね!
    子育てのこつかな 
     
    でも このカンガルーの子供はお友達のカンガルーが一人でかっこよく
    ビヨーン ビヨーンとはねているのを見て
    わたしも かっこよく走りたいと思うの やっと独り立ちできて これからが かれの見せ所 楽しみ 

    子供たちに読んであげます。まだまだ甘えん坊の子供たちですが・・

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに今の娘のよう・・・

    ママ、ママ・・・と中々離れず、ますますくっつくようになってきた娘と一緒に読みました。
    一人で出来るようになった事も増え、ちょっとづつ自立して行く時期かしら、と思っていた矢先、そんな親の心を察してか、甘える赤ちゃんに逆戻りしました。
    絵のかわいらしさと、動物が好きなこともあってか、一緒に彼女なりの感想を挟みながら読んでましたが、最後まで読むと、「○○もカンガルーさんみたいになるの?」と2歳なりに考えているようでした。
    しばらくは「ままといっしょよむ〜!」と、一緒の部分にフォーカスしてこの本を持ってきていましたが、あるとき気付けば、公園でいつもより距離を置いて遊ぶ娘がありました。
    あ〜、こうやって自然に自立していくものなのね。と、本の内容を思いつつ、しみじみしてしまいました。

    はじめは、「カンガルーの赤ちゃんもお友達と遊べるんだから、○○もお友達作って、元気に遊べるようになるよ!」
    と、娘の自立を促す材料にしようと思って読んでいましたが、
    最後の場面でついセンチメンタルになり、娘を抱きしめたくなりましたし、実際子供の成長や自立を見るとちょっと寂しくなってしまうようです。
    子供のためというより、親がきちんと覚悟して、子供を見守るスタンスになるために、「わかってる?」と言われている気持ちになる絵本だなと思っています。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちにもベビルーがいます

    図書館のお話し会や育児サークルでも、なかなか私から離れてお友達の中に入っていけない娘とベビルーが重なります。
    そんな娘にちょっとだけ頑張ってほしくて、この本を読んでやりました。
    ・・・が、あまり繰り返し読みたがるということをしませんでした。
    読もうか?と尋ねると「いや!」と、別の本を差し出します。
    どうやら我が家のベビルーは、まだまだおなかのポケットの中にいたいらしいのです。
    どうやら まだだまおかあさんはくたくたになって歩けなくなる段階には達していないようです。
    そうなる頃、きっと我が家のベビルーは 広い世界へ走り出して行ってくれるでしょう。
    それまで「ずっとママといっしょがいいの」というメッセージのかたまりを抱きしめ、その重みをいっぱいいっぱい味わいながら過ごす日が
    まだまだ続くことでしょう。
    いつか、広い世界へ走り出す楽しみを知ったとき、我が子はきっとこの本を繰り返し読みたがるようになるのではないか・・・という気がします。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ずっとママといっしょがいいの!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / こんやはどんなゆめをみる? / あなたがとってもかわいい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット