みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ 作:瀬尾七重
絵:岡本 順
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784774604978
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,708
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すてきです

    タイトルどおり
    「ひなまつりにおひなさまをかざるわけ」が物語になっています。
    とてもとても暖かいお話とハッピーエンドに、心があらわれるような気がします。
    娘と読み終わり、うちも雛人形をそろそろださなくちゃといい
    ちいさなお雛様を出してきました。
    娘は出してきたお雛様に手を合わせていました。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな由来があったとは

    男の子が生まれたらこいのぼり、女の子なら雛人形。
    当たり前のようにただそう思っているけれど、ひな人形にどういう思いがあるのかはあまり考えたことがなかった。
    子どもに聞かれて、ふと、なんかいわれがあるんだろうね、というあいまいな返事をしていました。
    そこで、たまたまた見つけたこの本を子どもと一緒に読みました。
    むかしの話。貧しくて、人形は木を結んでつくった木の人形。熱が出ても、お医者さんにかかることもなく、ただただ祈るように治ることを願った時代。
    そんな中、生まれてきたものだったんですね。
    子どもが無事であること、健康であること、幸せになることを祈る。いつの時代であっても親が願うところは同じです。
    むかしの人が、子供の健康を祈ってお雛様を飾ったのだということをちょっと心に置いて、今年のひな祭りを迎えたいと思います。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 由来も知っておきたいという時

    ひな祭りに間に合うように読みたいと思っていて借りてきました。

    文が瀬尾七重さんで、驚きました。

    私の中ではファンタジーの作家さんというイメージなのですが、由来物も書いていらっしゃるのだなと思いました。

    ひな人形が、子どもの災難を受ける人型であるということは聞いたことがありました。

    由来とは直接関係がないのですが、読み始めて思ったのは、三人兄弟だと、三番目の弟が正直で人が良いという昔話の共通点だと思いました。

    ももの花を飾る由来については知らなかったのが、ただ季節のものというだけでなく、意味があったんですね。

    あとがきで、詳しく説明がほどこされているので、更に勉強になりました。

    人形を飾るだけでなく、子どもと一緒に由来も知っておきたいという時にお勧めのお話だと思います。

    由来物としては「たまごからうまれた女の子」というのもあり、こちらはインパクトがあるお話でしたが、この「ひなまつりに…」の方は静かな味わいが感じられたように思います。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひなまつりにおひなさまをかざるわけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / ほるぷ出版の大きな絵本 ちびゴリラのちびちび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット