雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…

ねがいぼしかなえぼし」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねがいぼしかなえぼし 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784265034956
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,169
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 七夕の由来がわかる

    「ちゃんがら町」以来、子供が気にいっている、山本孝さんの絵。
    絵を見て、選んだ1冊です。
    七夕。おりひめとひこぼしのお話。
    幼稚園にいっている息子に、
    「ひこぼしって何?」
    と以前聞かれたけれど、聞かれてみれば、えぇっと、何だっけ?そういえば、どんなお話だったっけ、とはっきりは説明してやれませんでした。
    そこで、この絵本を親子で読んで、なるほどねぇ、と納得。
    というわけで、七夕にではね、1年に1回だけ、おりひめ様とひこぼし様が会うんだよ、とちゃんと説明してやることが出来ました。
    七夕の時期に、一緒に読むと風情があっていいと思いますよ。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねがいぼしかなえぼし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

全ページためしよみ
年齢別絵本セット