大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ねがいぼしかなえぼし」 大人が読んだ みんなの声

ねがいぼしかなえぼし 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784265034956
評価スコア 4.31
評価ランキング 12,993
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今年は天の川がみられるかしら?

     昨年は七夕の季節に、松成真理子先生の「たなばたまつり」をお話会のメンバーに薦めました。
     今年お昼のお話会がちょうど7月7日なので読むことになりました。

     こちらの作品は、“季節のお話”シリーズということもあって、しっかりと七夕のいわれが描かれています。
     内田&山本先生ならではの独特な色調と世界観です。
     
     織り姫と彦星がどうして、年に一度しか会われなくなったかお子さんたちも理解できる事でしょう。

     二人が引き裂かれた後の背景の暗さが、彼らの悲嘆を良く表しています。
     また、鵲が渡す橋の美しさが際だっています。

     天空の世界のラブロマンスが楽しめるかと思います。

     さてさて、今年は天の川がみられるかしら?

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • しほちゃんの想いと七夕物語

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    まず、題名に惹かれますよね。
    短冊に書いた願い事を願いながら、しほちゃんは七夕物語を思い浮かべます。
    劇中劇のようですが、七夕物語はしっかりと描かれます。
    絵も力強く、とてもインパクトがありますね。
    でも、織姫の恥じらいや天の川の美しさ、美しいカササギたちなど、
    繊細さもあって、とても素敵です。
    ラストは題名に納得ですね。
    一気に、七夕物語を自分に引き寄せる展開に、うなってしまいました。

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねがいぼしかなえぼし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット