くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

六にんぐみせかいあるき」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

六にんぐみせかいあるき 作:グリム
絵:スズキ コージ
再話:矢川 澄子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784774605135
評価スコア 4.14
評価ランキング 18,550
みんなの声 総数 6
「六にんぐみせかいあるき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 6人の個性と、絵の個性とではじけています

    個性的な6人の男たちが、それぞれの得意技を使って王様から財産を巻き上げ楽しく暮らす。
    へんてこりんなストーリーで、話だけではあまりグリムらしい含みを感じないのですが、スズキコージさんの絵がはじけていて、理屈抜きに楽しんでしまいました。
    力持ちの男、2マイル先の枝のハエまで見える目のいい男まではついていけましたが、鼻息で風車の羽を回す男、走るのが速すぎて普段は足を一本外している男、帽子をまともに被ると周りを凍らせてしまう男、登場人物のとんでもないキャラクターがスズキさんの絵のモチーフにはぴったりかもしれません。
    お姫様のランニングフォームとスタイルにもスゴサを感じました。

    グリム童話としては異質かもしれません。

    掲載日:2012/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「六にんぐみせかいあるき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット