となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

だいくとおにろく」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

だいくとおにろく 作:小川 洋
絵:井上 洋介
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1993年
ISBN:9784790260400
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,990
みんなの声 総数 5
「だいくとおにろく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本昔話としては、単純明快で深みのないお話ですが、井上洋介の絵がなんだかおもしろくもおどろおどろしくもある絵本です。
    この絵本の鬼は青鬼。
    とてもお人よしの鬼のようです。
    二日にして立派な橋を作ってしまいました。
    その代償が大工の目玉というのがよくわからないのですが、よくわからないのが昔話かもしれません。
    鬼から逃げようとした大工が耳にした子守唄。
    このお話では、逃げた大工が再び川に出かけて、鬼と遭遇したときにふとあの子守唄を思い出したことになっています。
    描かれているのが素朴な橋であることと、癖のある描き方で、子供には井上洋介版のほうがお勧めです。
    カバーに描かれた女の子は、鬼の娘でしょうか。
    子守唄をうたっている主が描かれているところでも、ポイントが高いとおもいます。
    残念ながら、カバーにしか描かれていないのですが。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいくとおにろく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / すてきな三にんぐみ / いいから いいから / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット