だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

さるとびっき」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

さるとびっき 再話:武田 正
画:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年03月01日
ISBN:9784834082203
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お猿のおしりが赤いのは

    怠け者の猿と、働き者のカエルが田んぼを作って稲を植えました…。
    いかにもオーソドックスな昔話ですが、梶山さんの味わいある筆画で、しみじみとした作品になっています。
    怠け者でカエルだけが働いていたけれど、取れたてのお米で餅つきしようとしたところで、急に張り切りだす猿はずるいですね。
    でも、ほっかほっかのお餅を、猿のお尻にくっつけたカエルもなんだか…ですね。

    掲載日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の王道を行く

     昔話の王道を行くような作品。
    山形にはこんなおもしろいお話が残っているんですね。
    おばあちゃんに、土地の言葉で語ってもらったら最高だろうなぁ、と思える楽しいお話です。

     猿と蟹のお話は有名ですが、猿と蛙の組み合わせは意外で、新鮮でした。
    昔話は、起承転結がしっかりしていて、勧善懲悪のお話も多く、大いに笑って、気持ちもスカッとしますね。
    娘も、猿のほっぺとおしりが赤いわけを、すんなりと納得していました。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人の良さそうなカエル♪

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    さるのお尻が赤い理由の昔話はよくありますが、ほっぺも赤い…
    言われてみれば赤いですね!!

    カエルとの組み合わせはちょっと異色。
    のんきで、人の良さそうなカエルに、読みながらのほほんとなりました。
    さるが仮病を使う時の顔もユーモラスで笑えます♪
    それなのに、もちをつく時はすごく張り切って出てくるところにも
    クスクス。

    カエルが「悔しくて仕返ししている」という感じの表情じゃないのに、
    さらりと仕返ししちゃってるところや、最後の「ちょっとやりすぎたか」
    ってな表情のさるに、やっぱりクスクス笑っちゃうのでした。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さるとびっき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット