だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ひつじかいとうさぎ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ひつじかいとうさぎ 作:うちだ りさこ
絵:すずきこうじ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1975年
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
「ひつじかいとうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エンターテイメントなラトビア民話

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    スズキコージさんのこどものともデビュー作と知り、手にとりました。
    最初っからすごい絵を描いていらしたんだなぁと感嘆。

    お話も面白かったです。
    逃げたうさぎを追いかける羊飼いが、
    おおかみにうさぎを「つかまえてくれよ」と頼み、断られ
    こんぼうに「おおかみをなぐっておくれよ」と頼み、断られ
    ひに・・・。

    「こんぼう」が道をやってくるなんてシュールだし、
    草を焼き、煤を巻き上げながらうねり歩く「ひ」は大迫力。
    この繰り返しがどこまで積み重なるのか、ワクワクします。
    私には、羊飼いが断られるとき毎回言われる「じぶんで〜しな」という言葉もツボでした。

    そして・・・最後のスピード感あふれる展開は、もう爽快!
    このたたみかけるような感じ、息子も読み手の私も、何度読んでも飽きません。

    人を頼ってばかりの羊飼いが、結局思い通りになっちゃって
    ためになるお話ではないのでしょうが、
    絵とお話がとにかく楽しい、エンターテイメントなラトビア民話でした。
    園児さんや小学生の読み聞かせ、お話会におすすめです。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひつじかいとうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / おこだでませんように / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット