ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ひつじかいとうさぎ」 大人が読んだ みんなの声

ひつじかいとうさぎ 作:うちだ りさこ
絵:すずきこうじ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1975年
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「ひつじかいとうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 他力本願の迫力絵本。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    逃げたうさぎを追いかけるひつじかい。
    通りすがりのオオカミに「うさぎをつかまえてくれ」と頼む。
    オオカミに「自分でつかまえな」と断られると、
    出会うもの次々にあれこれと頼む、また頼む。
    ひつじかいの他力本願が突き進み、巡り巡るお話し。

    うちださんの見事な再話のリズムが楽しいです。

    そしてスズキコージさんの絵が、なんと言っても素晴らしい。
    迫力満点で、絵本を飛び出すかのようなスケールの大きさ!
    それでいて、細部までも楽しめます。

    手元に置いて、何度でも読みたくなる絵本です。

    掲載日:2011/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • お話がぐるぐるする物語です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ラビニアの民話を、ロシア系の昔話や民話がお上手なうちだりさこさんが再話して、まとめてくれています。
    イラストはスズキコージさん。

    この手のお話で有名なのといえば、イギリスの昔話で「おばあさんとぶた」とかかなぁ。
    織り込み付録に解説がありました。要するにお話がぐるぐる廻っているもので、累積譚というそうです。
    こういう風に先が読めるのに、そこがまた面白い!
    読者の心理を突いてきますよね〜。
    この絵本は、もともと1991年3月の年中さん向き「こどものとも」なので、読み語るなら年中さんから小学校くらいまで、楽しく聞けると思います。自分で読むのは、高学年はちょっともう、こういう作品はあまり手にしないかな?

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひつじかいとうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / おこだでませんように / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット