だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784338101042
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,853
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勇敢なトリケラトプスたち

    トリケラトプスを主人公にした「恐竜の大陸」シリーズの中の一作。
    緑豊かな新天地を求め、旅を続けるトリケラトプスの群れが、ティラノサウルスに遭遇し、力を合わせて戦うというストーリー。
    群れのリーダー、ビックホーンとその息子のリトルホーンの勇敢な戦いぶりに、読んでいるこちらも思わず力が入ります。
    娘は、カスモサウルスが食べられてしまうシーンが印象深かった様子。
    これまで読んでいた絵本とは一味違う弱肉強食の世界にハラハラしつつも、リトルホーンになりきってお話の展開を楽しんでいます。
    巻末には、その巻に登場した恐竜の詳しい解説も載っていて、ストーリーと併せて恐竜に対する知識を深めることができます。
    私も娘も、このシリーズを読んでずいぶん恐竜に詳しくなりました。
    シリーズ全作を読破した私たちですが、気に入った巻は何度も繰り返し読んで楽しんでいます。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 迫力満点

    恐竜好きな息子に。
    ビッグホーン達が新天地を目指す旅の途中で
    最強の肉食恐竜、ティラノサウルスと遭遇!
    迫力満点のお話です。

    カスモサウルス達が食べられてしまうところでは
    神妙な顔をしていましたが、とにかく肉食恐竜が気になる息子。
    読み進めるたびに「次、ティラノが出てきそうだよ〜」と
    自分の顔をちらちら隠しながら聞いていました。
    最後は「食べられないで良かったね〜」と安心した
    顔を見せる一方、読んだ後は必ず足をドスンドスン
    踏みならしながらティラノサウルスの真似をしています。
    今まで恐竜、というと図鑑で見ることが多かったのですが、
    お話として読むとすっとその時代に入れるので新鮮でした。
    このシリーズは他も読んでみたいです!

    掲載日:2013/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 巨大ティラノ!

    黒川みつひろさん好きの息子と読みました。
    息子は全部のところがおもしろかった!
    と満足げでした
    なんといっても恐竜の主役ともいえる巨大ティラノサウルスとの
    激闘を描いた分かりやすいストーリー
    このシリーズは表紙裏の帯や終わりにあるモノクロのイラストも
    楽しめます
    リトルホーンは小さいのに勇敢でかっこいいです

    掲載日:2015/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜の中の恐竜!

    • korさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    出た!ティラノザウルス!!!
    大迫力です。それもそのはず。巻末の「肉食動物の大きさくらべ」で見ると、ティラノザウルスの前ではライオンがネズミくらいに見えるほどの大きさですもんね。

    今回は、最初から最後までハラハラドキドキ。来るぞ、来るぞ!とページをめくります。ビッグホーンたちとの戦いは迫真の一戦です。
    最後は、人情味あふれるティラノで、ほっと一安心。

    次の冒険が楽しみです。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦う勇気!

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    黒川みつひろさんが描く恐竜の話は、いろいろなシリーズがあるようで、
    この絵本は、「恐竜の大陸」シリーズの4作目になるそうです。

    いずれにしても、草食恐竜トリケラトプスのビッグホーンと
    リトルホーン親子が主人公の冒険物語。

    回を追うたびに、次の話が気になってしようがない。
    子どもの頃に見た連続アニメのようで、当時、1週間がとても長く感じました。
    このレビューコンテストの対象作品も気になって、
    次々と読んでいる自分がいました。

    彼らが、危機に面しても臆することなく戦い、
    たとえ草食恐竜でも、知恵を出して戦えば勝てるんだという姿に、
    子どもたちにも勇気を与えてくれます。
    そして、勝利した時の安堵感があるからこそ、
    次も見てみたい(読んでみたい)と思わせてくれるのでしょうね。

    今回、悲しくもカスモサウルスが、ティラノサウルスにやられてしまいます。
    本当ならこれが現実。
    生きるためには、カスモサウルもティラノサウルスも必死です。
    厳しい世界です。
    ただ、主人公であるトリケラトプスがやられてしまっては、
    お話が終わってしまうので、大丈夫だとは思いますが・・・

    自分よりも何倍も大きな相手に立ち向かう勇気、
    子どもたちにも教えてあげたい。

    掲載日:2014/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き生きとして、迫力がある!

    3歳2ヶ月の息子に図書館で借りてよみした。

    新天地をさがしてビッグホーンたちが旅する途中、
    ティラノサウルスにあい、戦うストーリー。
    絵も物語も迫力満点です。
    ティラノサウルスの絵の、筋肉がむきむきなこと。

    巻末での詳しい説明も楽しかった。
    ティラノサウルスに対して、トリケラトプスはこんな風に円陣を組んでいたんですね。

    読みものとしても、恐竜の知識や生態を知るためにも
    迫力があり、生き生きと伝えてくれ
    良い1冊だと思います。

    …しかし、どの本もレックスは悪者になってしまうのですね。

    掲載日:2014/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福井県にある恐竜博物館に行ってから、3才の娘が恐竜LOVEになりました。しかし、私は恐竜の良さがわからず、ちょっと困っていたところ、こちらの作品に出会いました!

    親子恐竜の物語ということで最初から心をつかまれました。カスモサウルスさんの登場で「うわ〜!こんなかわいい(面白い?)恐竜いたんだ〜」と驚き、ティラノサウルスとの戦いでは、手に汗握り、気づいたら娘と二人で「ビッグホーン、頑張れ〜!!」と応援していました。

    読み終わった後、娘は「怖かった〜。お兄ちゃんたち(カスモサウルス)どこに行った?」と、カスモさんたちのことが一番気になったようでした。そして、ページをめくり「食べられちゃったの?」とちょっと淋しそうでした。

    しかし「恐竜はくぶつパン、また行きたいな〜♪」と言っていたので、ますます恐竜熱がアップしたようです!
    (恐竜博物館ではなく、はくぶんつパンと思っているところが、かわいいです♪)

    --------------------------------

    物語の最後に、ティラノサウルスについて詳しく書かれていて、すごく勉強になりました。 黒川みつひろさんのこのシリーズのおかげで、私も恐竜通になれそうです!

    「子どもは恐竜好きなんだけど、私は興味なくて・・・」というママも、このシリーズなら楽しく恐竜のお勉強ができますよ!

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「恐竜トリケラトプスとティラノサウルス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / だるまさんが / もこ もこもこ / ぐりとぐら / どうぞのいす / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット