貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ももんちゃん ぽっぽー」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももんちゃん ぽっぽー 作:とよた かずひこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784494001439
評価スコア 4.39
評価ランキング 10,143
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本物に

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    お気に入りのももんちゃんシリーズです。

    今回は、おなじみのメンバーできしゃごっこ。
    トンネルを抜けると、しゅっしゅぽっぽ・・・がうんとこどっこい・・・に変わってどうしたのかと思えば本物の汽車が仲間入り!
    そして最後はその汽車に乗っちゃいます。ごっこが本物になっちゃいましたね。

    子供ならみんな経験のあるきしゃごっこ。
    そのきしゃが本物になるなんて、夢があっていいですね。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に楽しい

    ももんちゃんが 「ぽっぽー」 というと お友達が集まってくる!!

    ももんちゃん達の楽しそうな表情に 私たちもニコニコしてくる。
    最後、「どうしたの???」という展開が待っていてドキドキ感も楽しかった。
    しゅっ しゅっ ぽっ ぽっ って言いながら、親子で楽しめる絵本です。
    電車ごっこ したくなりますね〜

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 癒し

    いつも癒しをくれるももんちゃんシリーズ。
    今回は汽車ゴッコです。
    おなじみのサボテンさんや金魚さんやおばけさんも一緒で
    ほのぼのします。
    最後にはほんとの汽車が登場し、走り去る姿はあまりにもキュートです。
    寒い季節の足音が聞こえてくると、
    なんとなくとよたさんの絵本で暖まりたいような気になるのは
    私だけでしょうか?

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももんちゃん ぽっぽー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット