庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おばけのジョージー」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけのジョージー 作・絵:ロバート・ブライト
訳:光吉 夏弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年06月
ISBN:9784834007251
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,966
みんなの声 総数 13
「おばけのジョージー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 慣れ親しんだたてつけ

    気にすると気になるけれど、ないと寂しい音ってありますね。
    音がなくなって生活リズムを失ったホイッティカーさんのお家。
    おばけのジョージは、家の守り神だったのでしょうか?
    おばけも怖がる家があるというのも楽しいけれど、どの家にもおばけがいるなんて
    おばけがいるお家の方が幸せそうでした。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いおばけ

    外国の絵本のおばけって、本当に可愛らしい。この絵本のおばけもそう。床がミシミシいったりする音って、私だったら「何だか気味悪い」と思ってしまうんですが、このジョージーの住むお家の人たちは、それが寝る合図になったりしてるなんて。おばけと人との共存?!そしてジョージーが出ていくことによって、狂ってしまう時間の感覚。こんなおばけだったら、私も共存したいかも!

    掲載日:2014/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで読むと愛着が!

    おさるのジョージシリーズにはまっている息子。
    その息子が、ジョージ→ジョージーつながりで見つけてきた絵本です。
    名前が似ている!!
    それに僕の好きなおばけのお話だあ!と、さっそくこのシリーズを読みだしています。

    ジョージーシリーズは、これは絵本ですがほかは出版社も異なり、幼年童話で仕上がっています。

    第1作目ということで、こちらから読みだしたので、
    当初読んだ時はちょっと物足りないかなあ〜とも思いました。
    でも2作目の「おばけのジョージーおおてがら」を読んだら、
    この1作目面白いかも〜と思いなおしました。

    ちなみに息子は、最初から面白いと思ったようです。
    おばけなのに、ちょっと怖がり&優しいという設定が、
    彼的には楽しかったようです。
    かわいらしいおばけの話が好きなお子さんにはお勧めです!

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのジョージー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット