大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おばけとしょかん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけとしょかん 作・絵:デイヴィッド・メリング
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784566008137
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,882
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 光る表紙

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    オバケ達がおばけとしょかんのために、
    本を集めていたら、
    本と一緒にボーまで連れてこられちゃった!

    本がないなら、つくっちゃおう!
    とオバケ達でお話を出し合っていき、
    からっぽだったおばけとしょかんは本でいっぱいになっていく、
    というお話でした。

    絵本の内容部分は文字のないコミック風だったり、
    フォントに動きがあったりと、いろんな工夫がありました。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくなーい

    『おばけとしょかん』というタイトルですので、怖いお話かな?
    とおそるおそる読みましたが、怖くなーい。たくさんのおばけが
    登場しますが、ちっとも怖く描かれていないのです。
    だからと言って、かわいいおばけか?といったら、たぶんそうでも
    なくて。なんだか不思議なキャラクターといったところです。
    だから、おばけ達の様子は「かわいいおばけ」が大好きな娘の琴線には、
    特に触れなかったようです。娘が気に入ったところは、それよりも
    みんなで協力しあって本を作るところでした(自分で勝手に絵本を
    作るのが大好きなので)。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話はどこにでもあるわ!

    『おばけとしょかん』なんて、すごくワクワクしてくるタイトルです!

    図書館なのに本が無い、おばけとしょかん。
    おばけ達は、人間のこども達の所から本だけを持って帰るつもりが、本と一緒に女の子までついてきてしまいました!
    ガラガラの本棚。でも女の子のおかげで、図書館の本棚はいっぱいになります!
    物をうみだすことって、こういうこと!

    気が優しそうで、ユニークなおばけがいっぱい。
    そして、暗いところでみると、蓄光加工で表紙が光って見えます。
    う〜ん♪いい雰囲気。
    娘は、おばけたちの様子を楽しんだり、おばけの本を羨ましそうに見てました。
    私も欲しいです!おばけの本。いいな〜☆

    掲載日:2013/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんなお話を?

    おばけとあるので読んでみることにしました。

    おばけたちに本と共に連れて行かれたボー。おばけたちもお話好きだったのですね。

    所々、絵だけのページがありましたが、読んだのが息子が早く寝たい日だったので、絵のページは、息子は見ずに飛ばしていました。

    時間があれば、絵を見ながら、親子で語り合えたら楽しいかと思いました。
    おばけたちはどんなお話を作ったのでしょうね。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話しを作ってみよう?

    息子が図書館から借りてきた本です。
    表紙がなんだかちょっと光ってるような感じがするな〜
    って思ってすこ〜し暗いところに移動してみると
    やっぱり!素敵な演出があって、ビックリしました。

    さてさて、お話しは本が大好きな女の子ボーと、
    本が大好きなおばけ達の不思議なやり取りが続き、
    ボーの発案で、お化けたちと一緒にお話を作ることになり・・・

    本は読むだけではなく、自分で作っても良いんだよ!
    ということを、子供にそれとなく教えるのでしょう、
    文字の無いコマ割りのページが何度か出てきて、
    読み手に対して“お話しを作ってみよう”と
    提案してる作りになってます。

    私も何冊か文字の無い絵本を楽しみましたが、
    この本は物語と読み手任せになってるところが
    中途半端かな?と思ったのが正直な感想です。
    表紙の仕掛けや、おばけとボーでお話しを作っていく。
    といったストーリーは、私も大好きな展開でしたが
    え??それで、お話しの続きはどうなったの?
    と、最後までききたかったな〜って思いました。
    息子は一生懸命に挿絵にそってお話しを作ってましたが
    私は、ん〜??な印象を受けましたので、★3つに。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせはおもしろいよ?

    おばけのとしょかん ってどんなだろう。どんな本が置いてあるんだろう。
    期待を膨らませて読み始めたのですが、ちょっと思っていたのと違ったみたい。
    読み聞かせはおもしろいよ、本はおもしろいよ、というのが少し訓示的な気がしました。

    おばけに読み聞かせ、してみたいなー!という所にポイントを置けば、楽しいかもしれませんね。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像しながら読む練習には良いかも

    「おばけ」が好きな息子にと選んだ1冊。
    どんなに怖そうなお化けが出てくるのかと思ったら、
    愛嬌たっぷりの可愛らしいおばけが登場します。

    本が大好きな女の子と、本が大好きなおばけ達の、
    不思議なやり取りが続きます。
    女の子の発案で、お化けたちと一緒にお話を作ることになり・・・

    本は読むだけではなく、自分で作っても良いんだよ!
    ということを、子供にそれとなく教えることも出来ますよね。
    文字の無い、コマ割りのページが何度か出てきますが、
    それはきっと読み手に対して「自分でお話を作って読んでごらん!」
    と提案してる風なのかな?と感じました。

    コマ割りのページの読み聞かせの時には、1コマずつ指を指して、
    何をしてるところなのかを息子と簡単に確認しながら流し見しました。
    想像しながら読む練習には良いかと思います。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけとしょかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット