ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おばけとしょかん」 大人が読んだ みんなの声

おばけとしょかん 作・絵:デイヴィッド・メリング
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784566008137
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,898
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この本は表紙が光るんです!夜、真っ暗闇に輝く絵本。子どもが興味を持ちそうです。
    魔女がでてくるので10月にぴったりだと思います。
    夜寝る前によいと思います。
    オバケの話が好きな子や、図書館好きになってもらうためにオススメの一冊です。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 立派な図書館

    おばけの図書館があまりにも広くて立派な建物だったので驚きました。

    おばけも西洋人なのか2本足もあっておまけに靴まで履いているので

    おばけではないような異次元の世界なのかと思いました。本好きなのは

    間違いなさそうです。ボーが読み聞かせる場面では、おしゃべりも止め

    てきちんと聞いているから、やっぱり本が大好きなおばけたちの集まり

    なんだと思いました。おばけ図書館の貸し出し券は、レトロなので笑え

    ました。日付はやっぱりそこはおばけの世界らしく???人間界とは違う

    見たいでした。怖いと思っていたら予想外に楽しめました。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話作りを楽しんで!

    ある日の夜、本を読んでいたボーは突然現れたおばけたちに連れ去られてしまいます。
    そこは、なんと“おばけとしょかん”!!

    どんな展開になるのかしら?
    とワクワクしながら読んだのですが、私には、う〜ん?の内容でした。
    この本は、読むというよりお話作りを楽しむことに主体がおかれた本だと思います。
    文字がなくマンガのようなコマ割りの絵が並んだだけのページが数ページありますので、親子で想像してお話作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
    お話には???でしたが、表紙の仕掛けには親子でオ〜!と思わず声をあげ喜びました。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけだって、本が大好き!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ポーが、ある夜、魔女が出てくる本を読んでいました。
    なんともわくわくするくだりにさしかかったところで、突然あかりが消えました。そして、ポーは、不思議な体験をするのです。
    手を引き、連れていかれたのは、おばけ図書館。
    なんて素敵な体験なんでしょう。いろんなおばけたちが、実に面白おかしく、ちょっぴり怖く描かれています。でも、おばけたちは『本を読んで』と催促するのです。ポーは読んであげます。そして、おばけたちも、行ったりきたりしながら、お話を作っていくのです。そのうちに、空っぽだった本棚に本が埋まっていきます。
    子どもたちも、こんな風にして、心の本棚に本が並んでいくのではないかなと思いました。一冊でも多くの本と出会い、心が豊かになってくれることを願っています。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけとしょかん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット