庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼくのくれよん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのくれよん 作・絵:長 新太
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年04月
ISBN:9784061318915
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,067
みんなの声 総数 156
「ぼくのくれよん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 大きいクレヨン

    私の知っている、色のメリハリや力強いタッチの長さんイラストとちょっと違って、優しいタッチの絵本でした。

    この絵本も息子のお気に入りでした。
    とっても大きいゾウさんのクレヨン。クレヨンと比較しているのは猫?豹?
    豹かも・・・。すっごく大きい。大型本ならではの迫力もあります。
    2歳時ならびっくりの大喜びです。

    ゾウさんが池を描いて池に見せたり、赤く塗って火事だと脅かしたりしていたずらします。ライオンに怒られてもやめられません。

    子供がいたずらしてもやめられないように。
    子供心を掻き立てるようで、何回も読みました。
    私もすっごく面白いと思います。だから、絵本ってやめられない。
    子供が絵本の世界に入っていく姿は、見ていて本当に幸せです。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • びゅーびゅー

    くれよんの大きさを猫と比較する絵
    くれよんが転がり、象の鼻が伸びてきて、
    そこでようやくこれは象のくれよんだと
    分かります。
    象は鼻でくれよんを持ち、描きます。
    子供が擬音がおもしろかったようです。
    絵本のサイズも大きいので、
    とっても迫力がありました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きい!

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳1ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    まだクレヨンでお絵描きをすることに、それほど興味がない息子ですが、大好きなぞうさんがお絵描きをするこの絵本は何回か読んでと持ってきました。

    こんなクレヨンで自由に絵が描けたら、とっても楽しいでしょうね♪
    この絵本のぞうさんみたいにクレヨンでのびのびとお絵描きをする息子の姿を早くみたいなぁ。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本屋さんおすすめの一冊!!

    2歳の誕生日に、夫の両親からいただきました。

    本屋さんでおすすめの絵本を聞いたところ、2歳の子にはこれ!!と教えてもらったそうです。

    本屋さんイチオシということもあってか、息子は初めて読んだ時からかなりのお気に入りです。

    短いお話なので、3回は催促されます。

    びゅーびゅーという効果音が好き。

    クレヨンで思いっきり色を塗るのにぴったりな音ですよね。

    もちろん息子、読むたびに一緒にびゅーびゅー大騒ぎです(笑)

    掲載日:2014/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙で想像するより夢に溢れた絵本でした

    図書館のお話会で出会いました。

    表紙は何気ないくれよんの絵。なんとなく、平凡な絵本かなーと失礼ながら思ったのですが…
    それはとても大きなくれよん。
    それだけでワクワクしてしまいます。
    しかも、それはぞうくんの大きなくれよんでした。
    そのくれよんでぞうくんの描く絵は、仲間たちみんなが本物だと思ってしまいます。

    子供なら誰でも、自分の描いた絵が本当にならないか、動き出さないか、誰か本物と騙されてくれないか、と、わくわく夢見たことごあると思います。
    絵本の中ではそれが実現してしまいます。

    子供と一緒に、大人も子供の頃のワクワクを楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきい!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    おおきなおおきなクレヨン。いったい誰のだろう?と思いながら読んでいたら納得のぞうのクレヨンでした!
    まわりの動物がぞうの描いた絵に驚くさまがいいですね。
    このぞうはお絵かきが大好きなんだなーと感じました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 評判が良かったので,図書館で借りました。
    息子の大のお気に入りでした。
    ぞうが豪快に塗りつぶすところ、動物たちの大袈裟な?反応を読むと、
    気持ちがとても楽しくなります。

    ぞうが青のクレヨンで塗りつぶして、かえるが間違えて飛び込んだシーンが
    息子のお気に入りでした。
    ライオンに怒られてしまったところでも笑っていました。

    ライオンに怒られても続けるぞうって、伸び伸びしていていいなあ。
    こんな風に、息子にも好きなことを続けて欲しいです。

    ちなみに、この本でも色を結構覚えたようでした。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を覚え始めた頃に

    2歳の娘に読んでいます。クレヨンやマーカーでのお絵かきが好きな娘。かなりの色を言えるようになっていますので、この絵本に出てくるクレヨンの色はほとんど理解しています。もう少し早い時期に買ってもよかったかなと思いました(色を覚え始めた時期だったらもっと食いついたと思います)。

    長新太さんの絵本はこれが初めての購入ですが、とても不思議な世界感ですね。正直、大人の私にはあれ?と思うところもあるのですが、子どもには面白いようで、買った初日は何度も何度も「もういっかいよんでー」とおねだりされました。子どもの心をとらえられる長新太さん。他の作品も買ってみようと思います。

    掲載日:2013/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • のびのびと。

    車が大好きですが、まだ、絵を描くことにそれほど夢中にはなっていない息子ですが、「びゅー びゅー」という音が気に入ったようで、読みながら一緒に「びゅー びゅー」と言って楽しんでます。

    ぞうさんのダイナミックな絵は、子供の絵と共通しますよねー。
    画用紙からはみ出したっていいんです♪
    元気にのびのびとした絵を描くことが、子供の持ち味で素敵なところ。

    息子が絵を描く時は、画用紙ではなく、段ボールを広げてその上に描かせています。
    ぞうさんみたいに大きな大きな絵をぐるぐる描いてくれますよ。
    もっと、もっと絵が好きになってくれるといいなーという気持ちで読んでいます。

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミック

    ぞうさんの大きなクレヨン。
    ぞうさんはクレヨンを握り締め、『びゅー びゅー』と絵を描いていきますが、動物たちに池や火事やバナナに間違われて怒られてしまう。
    だけど、ぞうさんはめげずに絵を描き続けます。

    ぼくのくれよんの『ぼく』はてっきり子供かと思っていたので、ぞうさんのクレヨンだとわかりちょっとびっくり。ぞうさんの大きなクレヨンで描かれるダイナミックな絵がとても印象的です。
    ライオンに怒られても、クレヨンをもってかけ出すゾウはまさに小さな子供のようです。

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのくれよん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / キャベツくん / かばくん / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(156人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット