庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ペッテルとロッタのクリスマス」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペッテルとロッタのクリスマス 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:ひしき あきらこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784834017540
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2回分のクリスマスが楽しめる

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    このシリーズは、絵の雰囲気から、繊細な女の子の喜ぶストーリーかと想像していたのですが、どの巻にもドキドキする冒険が含まれていて、冒険や探検、化け物など、男の子らしい内容の本を好む息子もこのシリーズは大好きです。

    この巻ではスウェーデンのクリスマスの特徴らしいやぎおじさんが登場して、それが誰なのかという謎を解いていくのですが、そのタイムスパンが次の年のクリスマスまであります。季節の変化、意外な方向で展開する謎解き、その間の二人の心の成長が、いきいきと描かれていて、長い話なのに飽きることがありません。

    全巻揃えたくなります。お勧めです。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年分のクリスマス

    「3人のおばさんシリーズ」は、長女が幼稚園の年中の頃に出合って以来、親子で大好きな絵本です。そのシリーズのクリスマスは、例に漏れず、素敵なお話でした。
    ペッテルとロッタが3人のおばさんと一緒に暮らすようになって初めてのクリスマスに、ふたりはヤギおじさんからプレゼントをもらいます。え、ヤギ?と思いましたが、スエーデンではプレゼントを持ってくるのはヤギなんですね。そういえば、わらで作られたヤギのオーナメントを、北欧雑貨でよく見かけます。
    次の年、ふたりはおばさんたちにもプレゼントを持ってきてもらえるよう、森にヤギおじさんを探しに行くのですが・・・最後にはやはり大笑いのオチが待っています。
    プレゼントをもらうだけでなく、自分が誰かに喜んでもらえることをする素晴らしさを知る兄妹の心の成長も感じられ、楽しく温かい2年分のクリスマスをたっぷりと味わえました。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペッテルとロッタのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット