モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

だいじなとどけもの」 大人が読んだ みんなの声

だいじなとどけもの 作:E・H・ミナリック
絵:モーリス・センダック
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年
ISBN:9784834003475
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,478
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くまくんはキューピット

    くまくんのシリーズで一番心に残る作品です。

    くまくんは、おじいちゃん、おばあちゃん、両親から愛情をたっぷりもらって、周りを幸せにするかわいいこぐまなんです。
    そのくまくんが、素晴らしい幸せをサポートしちゃいます。
    というのも、おばあちゃんに絵をプレゼントするのですが、それをめんどりさんに「おばあちゃんにとどけて」と頼みます。
    絵を受け取ったおばあちゃんは、めんどりさんにキスをすると「これは、くまくんへのお礼のキスです。くまくんにとどけてくれませんか」と頼みます。
    めんどりさんは、途中でかえるさんにキスを渡します。かえるさんはねこさんに、ねこさんはスカンクくんに、という具合に、キスがリレーされます。
    ところが、途中でキスリレーが次に届かなくなっちゃうのです。
    どうしてかは、読んでのお楽しみ。
    それが、とってもハッピーなことに繋がるのです。

    くまくんが起こした奇跡でしょうか。
    そんな大袈裟なことではないかもしれませんが、背中を押したことには違いないでしょう。

    子どもに愛情をかけることが、周りの人々の幸せにつながると感じられる本です。
    子どもはみんなの宝物ですね。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぐまくんの書いた絵は 上手だけれども怖いよ。 本人が満足しているからいいけれどもね・・・

    でも・・・? なぜ? こぐまくんが届けてあげられなかったのかな?
    おばあちゃんは お礼のキスをなぜ? めんどりに届けてもらうの?
    本人がいけなかったんでしょうが・・・(ちょっと残念でした)
    大事な届け物は 自分でする方が良いと思いました。(キスならよけいに)

    やっぱり 人に頼むよりこぐまくんにあげたほうが良いと思いますね

    このお話のおもしろさは結末まで読まないと分からないかもね
    でも スカンクさんたちは 結婚おめでとう!

    こぐまくん 絵が上手ですね スカンクさんたちのステキなプレゼントになったね

    動物たちの優しいこと 表情が上手く描かれて 木々が美しいのも見応えありますよ

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいじなとどけもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの / おおきなかぶ / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット